Home

インターネットラジオの聴き方

最近の夕食BGMはFloyd Server (Rock Ballad...From 09/25/05)

すっかリ放置してしまいましたが、インターネットラジオの夕食BGMはずっと続いています。
最近というか、ここしばらくはずっと同じインターネットラジオステーションを聴いています。

Floyd Server (Rock Ballad...From 09/25/05) というインターネットステーションなのですが、ストリーミングされる曲が全く脈略のないジャンルで、プログレもAORもメタルも全く区別することなく流れてきます。

Floyd Server (Rock Ballad...From 09/25/05) を聴く前によく聞いていた、Easy Rock Paradiseもかなりバラエティに富んだジャンルの曲がかかるのでお気に入りなんですが、その日毎にテーマが決まっているようで、その日その日でストリーミングされる曲は同じジャンルになる傾向にあります。

下記がFloyd Server (Rock Ballad...From 09/25/05) で最近ストリーミングされた曲のリストですが、いかがでしょう?
ここしばらくはタイトルつながりで選曲されていたようです。
それがジャンル横断な選曲になる理由のひとつでしょう。

昨夜は何故かMike Oldfieldがよく登場しました。
DJが入らず一気にストリーミングする感じなので、選曲のうんちくが聞けないのが残念ではありますが、曲が次々ストリーミングされるのは中々清くて良いと思います。

唯一残念なのは、ストリーミングされるデータが48KbpsのMP3である点です。
まあ、食事のBGMとして聞くにはそれほど気になるレベルではありませんが、128Kbpsのステーションに変更すると明らかにクオリティーが低いのが分かります。

今まで色んなインターネットラジオステーションを聞いてきましたが、とにかく色んなジャンルの曲だけを次々に流しておきたい、という用途には最適でFloyd Server (Rock Ballad...From 09/25/05) 以外考えられません。
お勧めです。

Spectral Mornings by Steve Hackett
Straight From the Heart by Bryan Adams
Stray Cat Strut - Stray Cat Strut by Stray Cat
Ascension by Mike Oldfield
The Chamber by Mike Oldfield
Oceania by Mike Oldfield
It's The End Of The World As W by Rem
Let There Be Lingt by Mike Oldfield
Nothing Else Matters by Metallica
Nothing But Love by Jan Hammer
Nothing But Love by Mr. Big
Not Again by Shawn Lane
Nostalgia by Eddie Jobson
Northern Lights by T.N.T.
North to South, East to West by Pat Metheny
Nobody's Fool by Cinderella
Horizons by Steve Hackett
Day Seven: Hope by Ayreon
Hope by Mahavishnu Orchestra
Hope by Klaatu
Honey Samba by Larry Carlton
Honestly by Stryper
Homeward Bound by Simon And Garfunkel
Homesick by Soul Asylum
Home Sweet Home by Motley Crue
Home by Dream Theater
Holy Man by Deep Purple
Hollywood heart by Keats
Holiday by Bee Gees
Holiday by Scorpions
Day Twenty: Confrontation by Ayreon
Concerto D' Aranjuez (LIVE) by Uli Jon Roth
Concerto by Cacophony
Conceiving You by Riverside
Coming Home by Stratovarius
Coming Home by Cinderella
Comforting Sounds by MEW
comfortably numb by Pink Floyd
Come Back to Me by Axel Rudi Pell
Where do we go from here? by Kayak
When We're Together by Rialto
When The Smoke Is Going Down by Scorpions
When The Levee Breaks by Led Zeppelin
When The Children Cry by White Lion
WHEN LOVE FAILS by FAIR WARNING
When I Was in My Prime by The Pentangle
When I look into your eyes by Firehouse
When I First Kissed You by Extreme
When A Blind Man Cries by Deep Purple
What`s Up by 4 Non Blondies
Supernova by Mike Oldfield
In The Beggining by Mike Oldfield
Song For Rebecca by Jeff Watson
Song For Love by Extreme
Song For Diane (World Keeps Spinning) by Shawn Lane
Song for angels by Crimson Glory
Song For Al (Instrumental) by Don Airey
Somewhere over the rainbow by Impelliteri
No Part Of Me by Steven Wilson
Night full of voices by Keats
Night falls by Fair Warning
Night by Marty Friedman
New Kid In Town by Eagles
New World by Soul Asylum
New Love by Stanley Jordan
New Jerusalem by GPS

2月21日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、我家の定番となっている「90.5 The Night」でした。
ストリーミングされた曲の多くは殆ど知らないミュージシャンの曲というだけではなく、Youtubeで検索しても映像のないものが多かった点が今までとはちょっと違います。
マイナーなバンドであっても大抵はユーチューブで映像はなくても音は聞くことができるものですが……

Gov't Muleは2013年のアルバムShout!がよかった。
2枚組で1枚目はバンドのみのオリジナルの演奏、2枚目は1枚目と同じ曲をゲストボーカリストで録音、しかも曲順も変えてあるという懲りよう。
When The World Gets Smallのゲストボーカリストは私が大好きなSteve Winwoodです。
ではウィンウッドのボーカルバージョンのほうがいいか、というと元々がGov't Muleの曲なのでオリジナルバージョンも甲乙つけがたい。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Beautifully Broken by Gov't Mule
Careful by Kami Thompson
The Jean Genie by Children Of The Revolution (Th
Sweet Sunshine by The Satisfactors
Every Minute by JJ Grey and MOFRO
Put The Brakes On by Gerald Edward
Marie Provost by Nick Lowe
The Girl That's Not In Love Wi by The Damnwells

2月20日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、我家の定番となっている「90.5 The Night」でした。
雰囲気は全然違うものの、ストリーミングされる曲の流れと雰囲気の統一感はちょっとだけ「Radio Paradise」に通じるものを感じます。

昨夜流れた曲の中では、She And HimのIn The Sunが意外でした。
She And HimはテレビドラマNew Girlの女優ズーイ・デシャネルがM・ウォードと組んでいるデュオでアルバムも5枚位リリースされているようです。
ズーイ・デシャネルの厚みのある柔らかい声のボーカルとちょっとオールディーズのテイストがあるメロディーは聴いていて気持ちが良い。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

If I Could by The Juliana Hatfield Three
Give Me Something by Scars On 45
Radiation Vibe by Fountains Of Wayne
Glossed by Smith Westerns
Landslide by The Smashing Pumpkins
Windows Are Rolled Down by Amos Lee
Lonliest Generation by Harper Blynn
In The Sun by She And Him
One by U2

2月19日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、定番化しつつある「90.5 The Night」でした。

このインターネットラジオステーションのお気に入りなのか、リクエストがあるのか分かりませんが、昨夜もHowling TonguesのLet Me Beがストリーミングされました。

SantanaのHope You're Feeling Better、アブラクサスに入ってる曲だったんですねぇ、私も妻もお互いこのアルバムは持っているのですが、2人共分からなかったという。(^^;
まあ、メインはブラック・マジック・ウーマンですから、印象が薄かったんでしょうね。
Amy RayのDuane Allmanは文字通り、デュアン・オールマンについての歌のようですが、No one can play like Duaneというフレーズが印象的です。

このインターネットラジオステーションでストリーミングされる音楽はほとんど知識がないジャンルなんですが、アコースティックな曲も多く夕食のBGMとしても中々使えるし、音もいいので定番化しそうです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Angel by Jimi Hendrix
Mississippi Half-Step Uptown T by Grateful Dead
The Girl That's Not In Love Wi by The Damnwells
Duane Allman by Amy Ray
Hold On Now by The View
Hope You're Feeling Better by Santana
Let Me Be by The Howling Tongues

2月18日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引続き「90.5 The Night」でした。
このインターネットラジオステーションが聴いていて楽しめるのは、やはり年代、ジャンル関係なく様々な音楽がストリーミングされることにつきます。

Whiskeytownの16 Daysはバイオリンの入ったアコースティックサウンドで和みます。
昨夜はこのバンドも含めアコースティックな音がメインのアメリカンロック、という傾向のバンドが多かった気がします。

ところで、「90.5 The Night」は一応天気やニュースのコーナーがあり、ラジオ局という雰囲気があります。
インターネットラジオと言いつつ、単に音楽を流しているステーションが多い中では、変わり種のひとつでしょう。
このニュースに続いて、男女があれこれ話すのが長い長い。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

I'm Not Over by Carolina Liar
Addicted by Jesse Malin
One Foot In The Gutter by Jonny Two Bags
Run Of The Mill by George Harrison
16 Days by Whiskeytown
Set Me Off by Kingsley Flood
11:59 by Blondie
Thunder On The Mountain by Bob Dylan

2月17日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、初めて聴くインターネットラジオステーション「90.5 The Night」でした。
ストリーミングは、256KbpsのMPで、さすがにこれくらいになると抜けが良くて非常に良い音質です。

ストリーミングされた曲はジャンルも様々で選曲もなかなか私好みの音が揃っていました。
残念なのは曲の途中で、割と長めのDJとニュース(?)が割り込むこと。

The Howling Tonguesはアトランタ出身で2013年にデビュー・アルバムがリリースされたバリバリの新しいバンドなんですが、音は全くの70年代サウンド。
最近こういうバンドが多いような気がしますが、わたし的には非常に馴染んで気持よく聴くことができます。

Tedeschi Trucks Bandがソウルでいいですねぇ。
来日は去年でしたっけ?
Youtubeでみてもライブはきっと楽しかったことでしょう、時間が合えば行けばよかった。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

North by Blackie And The Rodeo Kings
Let Me Be by The Howling Tongues
Part Of Me by Tedeschi Trucks Band
Funny Little Frog by Belle and Sebastian
(What's So Funny 'bout) Peace, by Elvis Costello & The Attractio
Crawling From The Wreckage by Dave Edmunds
When The Spell Is Broken by Richard Thompson
Lampshades On Fire by Modest Mouse

2月16日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「AddictedToRadio」でした。
中々バラエティに富んだ曲がストリーミングされました。

Bob Seger & The Silver Bullet BandのAgainst The Windは空耳の曲ですね。
空耳アワーで知ったバンドは結構あって、アルバムを買ったバンドもあります。(^^;
HoobastankとかGoo Goo Dollsなど、名前くらしか知らないバンドがの曲が流れてきたりと、私はなかなり楽しめました。

そうかと思うと、ChicagoのHard To Say I'm Sorry/Get Away byというポップなヒット曲が登場したり、このインターネットラジオステーション「AddictedToRadio」は中々面白い。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Oh Girl by The Chi-Lites
Name by Goo Goo Dolls
Against The Wind by Bob Seger & The Silver Bullet Band
Only God Knows Why by Kid Rock
Lorelei by Scorpions
The Reason by Hoobastank
Hard To Say I'm Sorry/Get Away by Chicago
Never Tear Us Apart by Inxs

2月15日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「Radio Paradise」でした。
それほど聴いていないU2が中々ソリッドな音でよかった。
Tori Amosって、アルバムを1枚位は持っているかも。

Quicksilver Messenger Serviceはサイケデリックのバンド、位の知識しかないのですが、Youtubeでライブ映像を見たら、これがエラいかっこいい。
私好みのサイケっぽさもあって、ブルースベースで。
こんなバンドをリアルタイムで見過ごしていたとは……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

The Killing Moon by Echo & the Bunnymen
Silent All These Years by Tori Amos
My Poor Old Heart by Alison Krauss & Union Station
London Calling by The Clash
Pride Of Man by Quicksilver Messenger Service
Algiers by The Afghan Whigs
The Good Soldier by Nine Inch Nails
Seconds by U2
Million Dollar King by Ejnefjall

2月14日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは懲りずに「Chicago Smooth Jazz」でした。
何となく一人でマッタリ食事をするにはこういうゆるい音でもいいかなと。
それにしても、David Sanbornにしてもバリバリにジャズっぽいアルバムもあるし、他のミュージシャンにしても選曲のしようがあると思うのですが、徹底してメロメロな選曲で通すところが、Smooth Jazz専門インターネットステーションというところでしょう。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Walking in Rhythm by Joe McBride
Catembe by Jonathan Butler
At Last by Etta James
It's Time by Brian Culbertson
Bad Day by Daniel Powter
Rise by Herb Alpert
Sweet Baby by Stanley Clarke & George Duke
Batucada (The Beat) by Boney James
I Heard It Through the Grapevine by Marvin Gaye
Love's Serenade by Ramsey Lewis
Anything Goes by Tony Bennett & Lady Gaga
Isn't She Lovely by David Sanborn

2月13日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも「AddictedToRadio」でした。
今夜は妻が実家に行っており、一人で食事の準備から何からやっていると、あれこれ選ぶのが面倒だったんので、同じでいいかと。

聞いた曲数も少ないです……
Lou Grammはフォリナーのボーカリストですが、その昔は確かBlack sheepというバンドにいて、当時70年代はじめ頃、ポール・ロジャースに似たボーカリストがいるバンド、ということで認識していました。
音は聞いたことがなかったんですが……

今は便利になったもので、Youtubeで検索すると見つかります。
その中で、Freight Trainという曲を聞いてみると、確かに、ポール・ロジャースに似ているというか、曲のタイプもフリーの雰囲気があります。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Your Arms Feel Like Home by 3 Doors Down
These Dreams by Heart
Home (Album Version) by Daughtry
Midnight Blue by Lou Gramm

2月12日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「AddictedToRadio」でした。
ストリーミングされていたのは、主に80年代の曲が中心かな?
Quarterflashは懐かしいですね。

後はお馴染みのBryan AdamsやPearl Jamなど。
Pocoはライブ盤が大好きでした。
中でもYou Better Think Twiceがすばらしい。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Have You Ever Really Loved A Woman by Bryan Adams
In the Air Tonight by Phil Collins
Champagne Supernova (Radio Edi by Oasis
The Last Worthless Evening by Don Henley
Call It Love by Poco
Black by Pearl Jam
Take Me To Heart by Quarterflash
Because Of You by Nickelback
(Everything I Do) I Do It For You by Bryan Adams
Don't Go Away by Oasis

2月11日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「Chicago Smooth Jazz」でした。
Smooth Jazzは日本ではいわゆるフュージョン、と呼ばれているジャンルに属する音楽だと思います。

実はジャズギターが聞きたくて、「Wes Montgomery」で検索したら、このインターネットラジオステーションが引っかかったというわけです。
確かに、Wes Montgomerybの演奏が流れてきましたが、これは予想したより軽めの音で正にSmooth Jazzという言葉にぴったりな感じです。

なかなか雰囲気のある曲がストリーミングされてくるのですが、やはりこのジャンル、何となくスムーズすぎて刺激がないのが難点です。
刺激を求めるジャンルでないのは分かるのですが……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Lily Was Here by Candy Dulfer
As by Najee
Nightshift by Commodores
(Playing) Hard to Get by Freddie McGregor
The Sweetest Taboo by Sade
Bumpin' on Sunset by Wes Montgomery

2月10日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「Radio Paradise」でマッタリと。

昨夜はこのインターネットラジオステーションにしては珍しい曲がストリーミングされていました。

Trafficって余り流れないような気がしますが、このサイケな曲もこのステーションの雰囲気に合っていますが、やっぱりThe Low Spark of High Heeled Boysがベストの選曲ではないかと。

John Lee Hookerのブルースでさえ、全体の流れの中では自然です。
The Clashは2人共誰の曲か分からず、妻は「ボーカルヘタやなぁ」などという始末。
たしかにショボイ音でした。
Eelsは1990年代某BBSで他のメンバーと2人で盛り上がっていたバンドで、懐かしい。
昨夜も「Radio Paradise」は’いつもの「Radio Paradise」でした。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Isn't It A Pity by George Harrison
Your Lucky Day In Hell by Eels
Straight To Hell by The Clash
The Man Comes Around by Johnny Cash
To Repel Ghosts by Manic Street Preachers
Dear Mr. Fantasy by Traffic
I'm In The Mood by John Lee Hooker

2月9日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、ロックのライブ音源専門のインターネットラジオステーション「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」を聴いていました。

中々王道な選曲ですが、この中ではForeignerが懐かしい。
このころ、ファーストアルバムのフォリナーは湿り気たっぷりのブリティシュ・ポップロックサウンドでした。

私としては、元キング・クリムゾン、ファーストアルバムで印象的なフルートや木管楽器を聞かせてくれたイアン・マクドナルドに大注目だったのですが、ほとんど活躍の場はなくギターを弾いていたりする姿には正直がっかりでした。
まあ、私が勝手に期待していただけですけど……
ひょっとして以前も同じようなことを書いたかも……
最近記憶が……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Let's spend the night together (live) by Rolling Stones
Evil woman (live) by Electric Light Orchestra
Doin' it all for my baby (live) by Huey Lewis & The News
When the night comes (live) by Joe Cocker
Wind of change (live) by Scorpions
Somebody to love (live) by Queen
Here comes the sun (live) by Joe Brown
Have you ever seen the rain (live) by John Fogerty
Cold as ice (live) by Foreigner
Nutbush City Limits (live) by Tina Turner

2月8日のインターネットラジオ

2月6日と7日は所用で外出、宿泊していたために夕食BGMはお休みでした。
そして、またいつもどおりの、インターネットラジオの夕食BGMです。
昨夜の夕食BGMは、最初「Radio Paradise」からスタートしたものの、何となく気分に合わなくて「Inside Jazz - Contemporary」に変更しました。

このインターネットラジオステーションでストリーミングされるジャズは、BGMとして聞いてちょうどよいくらいで、余りにも火花を散らす用な演奏はBGMには向かないし、かと言って退屈というわけではなく、十分聴き応えのある曲がストリーミングされているということです。

Emmylou Harrisって、もうちょっと軽めのポップな感じのカントリーのイメージがあったのですが、Snake Songは中々泥臭くて好きなタイプの曲です。
Youtubeを曲名で検索してみると、オリジナルはどうやらTownes Van Zandtの曲らしい。
こちらもなかなか渋い。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Curasaou by Estrada Brothers
Waltz by Daniel Glass Quartet
You're Getting to be a Habit by Roberta Gambarini
Autumn Leaves by Francisco Aguabella
<----------Inside Jazz - Contemporary---------->
Gone with What Wind by Jonathan Stout Orchestra
Snake Song by Emmylou Harris
<----------Radio Paradise---------->

2月5日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引き続き「Inside Jazz - Contemporary」でした。

まったりとジャズを聞きつつ、ビール、ワインを飲みつつ、ぼーっとしているうちに時間が過ぎます。

昨夜は、Kevyn Lettau、Joey DeFrancescoと名前くらいは知っているミュージシャンが登場しました。
こことか「Radio Paradise」と言った、」マッタリと聞ける系のインターネットラジオステーションが心地よい時もあれば、ロック系の音楽が気持ち良いと感じる時があったり、人の気分というのは面白いものです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Song 5 by Don Randi & Quest
Song 8 by Bill Fulton
The Joker by Yosvany Terry Cabrera
Forever Love by Kevyn Lettau
My Embraceable You by Joey DeFrancesco

2月4日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、ジャズを聴こうと思い、あれこれ検索。
まずJazz On First」というインターネットラジオステーションを選択。

最初にストリーミングされてきた曲が、タイトルのイメージ通りな古めのディキシーっぽい曲。
これはこれで楽しいんだけど、ちょっと聞きたいものと違っていたので、おなじみの「Inside Jazz - Contemporary」に変更。

相変わらずの雰囲気で、ジャズのライブが流れてきてマッタリとワインを飲んで軽く酔っ払う、いつものパターンです。
あちこち検索していたのと、ステーション切替で多めにとってあるプリバッファに時間がかかり、聴けた曲数が少なめでちょっと残念。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Song 2 by Agent 22
Perfect One by Michael Mishaw
Inside Jazz - Contemporary
<----------Inside Jazz - Contemporary---------->
Swing Is Here by Gene Krupa
<----------Jazz On First---------->

2月3日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引続き「Radio Paradise」でした。

昨夜もアフリカミュージシャンがストリーミングされていました。
Oliver Mtukudziはジンバブエの方だそうです。
どことなく哀愁感漂うメロディーと、独特のフレーズはうまく表現できないのですが、アフリカの歌に共通するものを感じます。

Jonathan WilsonのCecil Taylor、セシル・テイラーはフリージャズのピアニストくらいの知識しかなく、ちゃんと音を聞いたこともないのですが、もしこの人の事ならどんな歌詞なのか、検索してみたくなります。
曲数が少ないのは、いつもながらのタップし忘れです……(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Accidently Like a Martyr by Warren Zevon
Uneyerera by Oliver Mtukudzi
Jam Man by Chet Atkins
Those to Come by The Shins
Lautlos by !Deladap
Cecil Taylor by Jonathan Wilson
Take Five by String Cheese Incident

2月2日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引続き「Radio Paradise」を聴いていました。

昨夜ストリーミングされていた曲の中では、Tamikrestというバンドが中々よかった。
調べてみると、2006年に西アフリカはマリ北部のキダルという街で結成されバンドだそうです。
他の曲をTiytubeで聞いてみると、なるほど、今まで聞いたことのあるマリのミュージシャンの曲とどことなく共通する哀愁感があります。

曲数が少ないのは、タップし忘れです……(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Shiver by Coldplay
The Pretender by Jackson Browne
Don't Carry It All by The Decemberists
Toumast Anlet by Tamikrest
Fell On Black Days by Soundgarden
Golden Sand by The Republic Tigers
The Bed's Too Big Without You by The Police
Heart's A Mess by Gotye

2月1日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、さすがに「Zenith Classic Rock 128k」も飽きてきたので、「Radio Paradise」を聴いていました。

相変わらず落ち着いたDJと共にゆったりと音が流れる感じがいいですねぇ。
昨夜も知っているミュージシャンの曲も何曲かストリーミングされていたのですが、全体的な流れの雰囲気に乗ると、また違った感じに聞こえるから不思議です。
ということで、今日からまた妻と二人の食事BGMです。。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

World Sick by Broken Social Scene
Angeles by Elliott Smith
High On Sunday 51 by Aimee Mann
Unfinished Sympathy by Massive Attack
Frontier Psychiatrist by The Avalanches
Psychotic Reaction by The Count Five
Dark Sunglasses by Chrissie Hynde
Not High by Greg Brown
Don't Follow by Alice In Chains
Bloody Well Right by Supertramp
I See You by Yes

1月31日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも、我家の定番「Zenith Classic Rock 128k」を聴いていました。

曲数が少ないのは、昨夜も妻不在でアルコール量多め、ツイッター、フェイスブック書込み用アイコンのタップし忘れです。(^^;

さすがにこれだけ聴き倒してくると、このインターネットラジオステーションも同じミュージシャンの曲がストリーミングされることが多くなってきました。
Lynyrd Skynyrd、Steely Dan、Supertrampはよく登場します。

そろそろ次のステーションを探す時期かなと思いますので、今夜はまた検索結果からあちこち彷徨ってみるか、おなじみの他のステーションを選ぶか……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Lights Out by UFO
Midnite Cruiser by Steely Dan
That Smell by Lynyrd Skynyrd
School by Supertramp
Oh Atlanta by Little Feat

1月30日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも、我家の定番「Zenith Classic Rock 128k」を聴いていました。

曲数が少ないのは、ツイッター、フェイスブック書込み用アイコンのタップし忘れです。
今日から妻が実家に行って不在のため、映画を見ながらラムを飲んだりしていて、食事の時にはいつもよりアルコール摂取量が多いためかと思います。(^^;

ピーガブが連続してストリーミングされました。
このインターネットラジオステーションは、中々先が読めないというか、傾向があるようでないので、何となく毎日聴いていしまいます。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Ammonia Avenue by Alan Parsons Project
Up Escalator by Love & Money
No Self Control by Peter Gabriel
Solsbury Hill by Peter Gabriel
Modern Love by Peter Gabriel

1月29日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、我家の定番「Zenith Classic Rock 128k」を聴いていました。
パンクからプログレまで幅広く選曲されていました。
Ten Years After、The Strawbs、Steely Dan、Supertrampはリクエストによるのか、割と登場頻度が高いように思います。

昨夜ストリーミングされていた曲の中では、Jaded Sunが初めて聞くバンドですがなかなか良いバンドっぽいので、Youtube(ユーチューブ)で何曲かのプロモーションビデオを見ました。
オーソドックスな音ですが、粘りのあるギターの音が気持ち良いハードロックです。

ぐぐってみるとアイルランド出身のバンドで2002年結成。
およそこの時期のバンドの音とは思えませんが、最近のいわゆるハードロックに比べたら分かりやすいハードロックサウンドで、私は気に入りました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Palm Trees (Love Guitar) by Steve Hillage
Hot Stuff by Rolling Stones
Crave by Jaded Sun
Autumn by The Strawbs
Give A Little Bit by Supertramp
Bodhisattva by Steely Dan
New York Groove by Ace Frehley
Goodbye Toulouse by The Stranglers
Love Like a Man by Ten Years After

1月28日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、我家の定番認定の「Zenith Classic Rock 128k」を聴いていました。
様々なジャンルの曲がストリーミングされて飽きません。

Trafficも中々ストリーミングされない気がしますが、デビューアルバムからサイケでポップなPaper Sun。

Tom Robinson Band、70年代だったと思いますが、あの時代には珍しくゲイであることをカミング・アウトしていたミュージシャンというくらいの記憶しかありませんが、
今あらためて聞いてみると、荒削りでゴリゴリしていていいじゃないですか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Place of My Own by Caravan
The Winter of '79 by Tom Robinson Band
Too Good To Be True by Tom Robinson Band
The Revolution Will Not Be Televised by Gill Scott Heron
Every Day by Steve Hackett
Los Endos by Genesis
Music by John Miles
Its Only Love by Blodwyn Pig
goodnight tonight by Wings
Paper Sun by Traffic
Baby Come Back by Player
Peace Train by Cat Stevens

1月27日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは定番化しつつある「Zenith Classic Rock 128k」を聴いていました。
どういう基準による選曲なのか、流れの読めない、しかもかなり好みの音が続いて気持ちよく聴いています。

昨夜ストリーミングされた中では、なんといってもPink FloydのThe Hard Wayが珍しく、興味深いものでした。
もし本当にそうならですが。

「狂気」のコレクターズ・ボックスに入っているらしいのですが、未発表に終わった(このバンドには結構そういうのが多い)Household Objectsとしてリリース予定だったアルバムからの曲だそうです。

元々楽器は使わず、現実音だけで構成されたアルバム、というコンセプトだったと記憶していますが、しっかり楽器が使われているんですけど?(^^;
悪くない、というか中々いい雰囲気の曲ですが、伝えられたコンセプトからすると当たり前すぎる感じ。

その他では、Stills Young Bandが雰囲気はCSN&Yに近いもののジャジーな雰囲気がいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Evil Ways by Santana
Bad Company by Bad Company
Silver, Blue And Gold by Bad Company
Shooting Star by Bad Company
Rock And Roll Never Forgets by Bob Seger & The Silver Bullet Band
Lady fuschia by The Strawbs
Street Player by Chicago
Make Love To You by Stills Young Band
Hardrock Cafe by Carole King
The Hard Way (Household Objects Project) by Pink Floyd

1月26日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引続き「Zenith Classic Rock 128k」を聴いていました。
John Martyn、シブいですね。
1枚だけアルバム持ってます。

ブリティッシュ・ロックが多かったかな。
中々流れの読めないインターネットラジオステションです。
しばらく楽しめそうなので、今夜も聞いてみましょうかね。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Black Flame by Renaissance
The Whale by ELO
Sweet Little Mystery by John Martyn
The Musical Box by Genesis
Magic Smile by Rosie Vela

1月25日のインターネットラジオ

先週末は妻の実家に行っていたため、インターネットラジオは聴きませんでした。
帰ってきましたので、早速いつもの生活に戻ります。
昨日聴いていたのは「Zenith Classic Rock 128k」というインターネットラジオステーションでした。

名称にもある通り、ストリーミングは128Kbpsの標準的なMP3です。
音質も問題なし。

流れてくる曲は中々個性的なラインナップで、どうやらリクエストを元に選曲している模様。
ジャンルは様々ですが、懐かし目のプログレが珍しいかも。
かと思うと、Boz Scaggs、Coverdale Pageと全く節操のない、楽しい選曲です。
これはしばらく聞いてみなければいけませんね。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Tiny Dancer by Elton John
Requiem by Jethro Tull
Shake my tree by Coverdale Page
What Can I Say by Boz Scaggs
Fire On The Mountain by Marshall Tucker Band
Wild and exciting by Earth & Fire
Wintertime by Kayak
Young Mother by Curved Air
Back Street Luv by Curved Air
It Happened Today by Curved Air
Dirty Work by Steely Dan
Winter In America by Doug Ashdown
Devil's Answer by Atomic Rooster
Copperhead Road by Steve Earle

1月22日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、ひさひぶりにソウルを聞きたくなり「Soul Radio」でした。
今風なものからオーソドックスなソウルまで割と色んなタイプのソウル・ミュージックがストリーミングされ、飽きることなく聴くことができ、新鮮味はないものの落ち着いた雰囲気が良いです。

前にも書いたような気がしますが、今やこういう音楽を聞いてもソウルとは認識されないのかもなどと思ってしまいました。
逆に私なんかは昨夜ストリーミングされていた曲の中で言うと、Elle Varner feat. A$AP Ferg の Don't Wanna Dance はソウルとは捉えることができません。
こうしてみても音楽の受け止め方は様々ですね。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

It Takes Two by Marvin Gaye & Kim Weston
Lovechild by Giovanca
ABC Of Romance by Moon Baker
Rockin' Chair by Gwen McCrae
Runaway by Salsoul Orchestra & Loleatta Holloway
Love Child by Diana Ross & The Supremes
Don't Wanna Dance by Elle Varner feat. A$AP Ferg
Keep On Pushing Love by Al Green

1月21日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、時々ふっと聞きたくなる「Radio Paradise」を聴いていました。
相変わらず、色んなジャンルの音がこのインターネットラジオステーションの雰囲気でまとめられていました。
面白いですねぇ、ジャンルも年代も全くバラバラな選曲なのに、ずっと聞いていると同じ雰囲気の流れの中にあるように聞こえます。

The Charlatans、バンド名は知っていましたが、ボーカルはイメージ通りですが、こんな音とは思いませんでした。
調べてみると2006年のアルバム Simpaticoからの曲らしいですが、ギターのカッティングが中々気持ちいいではありませんか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Sun Is Shining by Bob Marley
Love and Happiness by Al Green
Riot Radio by The Dead 60s
Industrial Disease by Dire Straits
Nobody's Fault But Mine by Blind Boys Of Alabama
Blackened Blue Eyes by The Charlatans
Kiko and the Lavender Moon by Los Lobos
A Forest (tree mix) by The Cure

1月20日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、また新しいインターネットラジオステーションを検索して「Blues Rock」でした。
名称から流れてくる音がすぐに分って安心、選びやすい。

ストリーミングされる曲は、ステーション名以上でも以下もなく、まさにブルース・ロック大特集といった感じで、聞き慣れた音が次々登場してそれなりに楽しめますが、当然新鮮味もなく飽きてくる感じ。

そんな中でジャズっぽいアレンジのT-Bone Walkerのブルースと、同じくどことなくジャズテイストのあるAlvin Leeはなかなか楽しく聴くことができました。
連日聴くには余りにも馴染みの音過ぎますが、たまにはこういうのも楽しくていいかなと。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Someday After A While (You'll Be Sorry) by Freddie King
No More Trouble by Jimmy Dawkins
Working in a Parking Lot by Ten Years After
Potato Peeler by Roy Buchanan
Blue Boogie by Rick Derringer
Leland Mississippi Blues by Johnny Winter
I Don't Give A Damn by Alvin Lee
Darkness by Bleu Jackson
Leather Angel by Hank Davison Band
Midnight Blues by T-Bone Walker
I'm Cryin' by Stevie Ray Vaughan
Chicago Smokeshop by Roy Buchanan
Tush by ZZ Top
Rock Me Baby by Albert Cummings

1月19日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも、「RADIO BACKSTAGE - Classic Rock」でした。
内容がどうこうより、新しいインターネットラジオステーションを選ぶのが面倒くさいというのが一番の理由です。

内容は大体いつもどおり。
HeartのMagic Manはファーストアルバムに入っていますが、ジャケットが凄いです。
どうみても、一種のアイドルバンドっぽく売り出そうとしていとしか思えません。
私はそのジャケット買いというところもあるので、レコード会社の戦略は成功したのかもしれません。

Pink FloydのDogsは長い間ブートレグではYou Gotta Be Crazyとして知られていた曲で、このアルバム向けにタイトルと歌詞を変えたものです。
私はこの頃からこのバンドに興味をなくしました。

Crosby Stills Nash、来日しますね。
このWooden Shipsが入っているファーストアルバムが一番好きです。
私にとって彼らのアルバムはこれを超えるものはなかったと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Roll Over Beethoven - Single by Chuck Berry
Twilight Zone - Cd. Cut (1982) by Golden Earring
Dogs - Cd. Animals (1977) by Pink Floyd
My Brave Face - Cd. Flowers In The Dirt (1989) by Paul Mc Cartney
The Beatles - Please Please M by The Beatles
Wooden Ships - Cd. Crosby, Stills & Nash (1969) by Crosby Stills Nash
Magic Man - Cd. Dreamboat Annie (1976) by Heart
The Byrds - Mr. Tambourine Ma by Byrds
I Want To Break Free - Cd. Return Of The Champions (2005) by Queen Paul Rodgers
Love Me Darlin - Cd. In Step (1989) by Stevie Ray Vaughan
Fishing Junks At Sunset - Cd. The Concerts In China (1982) by Jean Michel Jarre
Nazareth - Love Hurts - Singl by Nazareth
Leave My Girl Alone - Cd. In Step (1989) by Stevie Ray Vaughan
Reflections Of My Life - Single (1969) by The Marmalade

1月18日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも、しつこく「RADIO BACKSTAGE - Classic Rock」でした。
毎日大体似たようなミュージシャンの曲がストリーミングされます。

昨夜流れていた曲の中では、Jethro TullのBouree、懐かしいです、シングル盤持ってます。
でもなんか違う、アレンジも派手だし、と思ったら5th Anniversaryですか。
ま、大体においてオリジナルの方が良い曲が多いように思います。
この曲もオリジナルのシンプルさにバッハの雰囲気があります。

Ten Years AfterのI'm Going Home by Helicopter、これはやっぱりウッドストックのバージョンが、何となくイッてる感じが素晴らしいと思います。
邦題が「ヘリコプターで家へ」まあそういう意味でしょうが、文字にすると何となくマヌケなカンジがするのは私だけ?

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Ten Years After - I'm Going H by Ten Years After
Jimi Hendrix - Foxey Lady - C by Jimi Hendrix
Bouree - Cd. 25th Anniversary by Jethro Tull
The Who - Substitute - Cd. Mo by The Who
The Air That I Breathe - Cd. Hollies (1974) by The Hollies
The Beatles - Martha My Dear by The Beatles

1月17日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、「RADIO BACKSTAGE - Classic Rock」でした。
しばらく聞いてみて、このインターネットラジオステーションも、ストリーミングされる曲の幅というかパターンが見えてきた気がします。

例えば、FocusやThe Beatlesがよく登場するし、最初はインターネットラジオでは珍しいと思ったJohn Lennonも毎日のように登場するし……
そんな中でYesの長い曲は珍しかったかも。
長い曲といえば、このYESではLP2枚組で4曲、つまり片面に1曲ずつのLP2枚組というまるでクラシックみたいな海洋地形学の物語(Tales from Topographic Oceans)というアルバムもありました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Cheerio - Cd. Living In The Past Anthology (2004) by
Focus II - Cd. Moving Waves (1972) by Focus
Who s Calling - Cd. Focus by Focus
Shooting Star - Cd. Straight Shooter (1974) by Bad Company
Eric Clapton - Before You Acc by Eric Clapton
The Beatles - Baby's In Black by The Beatles
Machine Messiah - Cd. In The Present (Live From Lyon 2009) by Yes
Mind Games - Cd. Mind Games (1973) by John Lennon
Come And Get It - Cd. Magic Christian Music (1969) by Badfinger
Hope Of Deliverance - Cd. Off The Ground (1993) by Paul Mc Cartney

1月16日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、引続き「RADIO BACKSTAGE - Classic Rock」でした。
このインターネットラジオステーションもしらばらく聞いていると、よくストリーミングされる曲というのがやはりあるようですが、飽きるというところまではいってません。

昨夜の曲の中では、Bee Gees、この時期の音を知らないと、このタイプの曲ではBee Geesとは認識できないようで、妻などは驚いていました。
メジャーデビュー当時から知っている私にはむしろこれがビージーズの音で、サタデーナイトフィーバーはありえない感じです。

彼らのドキュメンタリーを見ていて面白かったのは、オーストラリアからイギリスへ拠点を移した時「イギリスで今人気があるのはエリック・クラプトンのようにギターが弾けて歌えるミュージシャン」と言われたと話している部分で、ビージーズのようなスタイルは売れないとも言われたそうです。
確かに、60年代後半からのブリティッシュ・ロックはギタリストの時代でしたねぇ。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Cheerio - Cd. Living In The Past Anthology (2004) by Jethro Tull
Santana - Evil Ways - Cd. The by Santana
Bee Gees - Sir Geoffrey Saved by Bee Gees
Jimi Hendrix - Purple Haze - by Jimi Hendrix
It s Only A Paper Moon - Cd. Kisses On The Bottom (2012) by Paul Mc Cartney
The Beatles - I'll Follow The by The Beatles
Dreamer - Cd. Paris (1980) by Supertramp
Rock Is My Life - Dvd. Live At The Roseland Ballroom 2010 by Bachman Turner
The Rolling Stones - Angie - by The Rolling Stones
Long Train Runnin - Cd. The Captain And Me (1973) by The Doobie Brothers
Toto - Africa - Cd. Toto IV by Toto
Northern Lights - Cd. A Song For All Seasons (1978) by Renaissance

1月15日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、引続き「RADIO BACKSTAGE - Classic Rock」でした。
このインターネットラジオステーションのデータをAWKで処理してみると、あらためて曲名と演奏者に加えてアルバム名も含まれているのに気付きました。

年代、ジャンルごちゃまぜで中々楽しめる選曲になっています、
Kansasは今まで殆どストリーミングされてないというか、このブログを始めて初登場ではないでしょうか?

こうして聞いてもやっぱりクィーンにポール・ロジャースは微妙に合ってない気がするんですけど。
基本的に歌がうまい人だから、どんなバンドとでも大きな違和感なく溶け込んでいくとはお思いますが……
ディープ・パープルのボーカルで聞いてみたかった。(YouTubeにはSmoke On The Waterを歌っている映像があります。)

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

I Want It All - Cd. Live In Ukraine (2009) by Queen Paul Rodgers
The Things That I Used To Do - Cd. Couldn't Stand The Weather (1984) by Stevie Ray Vaugha…
The Archies - Sugar Sugar - S by The Archies
Blinded By The Light - Single (1973) by Manfred Mann
Desperado - Cd. Eagles Live (1980) by The Eagles
Scott McKenzie - San Francisc by Scott McKenzie
All I Wanted - Cd. Power (1986) by Kansas
These Are The Days Of Our Lives - Cd. Return Of The Champions (2005) by Queen Paul Rodgers
Once Upon A Long Ago - Cd. All The Best (1987) by Paul Mc Cartney
The Beatles - Penny Lane - Cd by The Beatles
The Who - Baba O' Riley - Cd. by The Who
Need Your Lovin - Single by Badfinger
Shocking Blue - Venus - Singl by Shocking Blue
Peter Frampton - Show Me The by Peter Frampton
General Lee - Cd. The Introduction (1984) by Steve Morse

1月14日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、またまたハードロックがストリーミングされそうなインターネットラジオステーション「New Normal Rock」を選択してみました。
なんといってもノーマルロックですから、期待をハズスことはないだろうと。

音源は 128KbpsのMP3とごく一般的なもので、音質的にも問題なし。
まずストリーミングされてきたRise AgainstのThe Great Die Off、イントロからギターのリフの出るあたり、これだこれ、という感じで、これなら私にもハードロックと認識できます。

続くSeven Day SonnetのHaplessは、どこかで聞いたような感じだと思ったら、Bullet For My Valentineに似ています。
新鮮味はないけど、曲も良く出来ているし悪くありません。

こうして聴き進んだ時、Monster TruckのOld Trainという曲がストリーミングされてきました。
妻も「これはいつのバンド? 70年代?」というくらい、ブラックナイトが潜んでいるような曲、調べてみると2009年結成のバンドだそうですが、とてもそうは思えない曲、演奏、録音です。

中々いいインターネットラジオステーションだとと思うのですが、妻も言うように「同じようなタイプの曲が多い」ということもあって、ちょっと聴き疲れ。
で昔ロックらしい「RADIO BACKSTAGE - Classic Rock」に変更。
音源は 128KbpsのMP3でごく一般的なもので、音質的に問題なし。

このインターネットラジオステーションならではの選曲というのはほぼなく、他でもよくプレイされている曲がメインの感じ。
クラプトンのアフター・ミッドナイトは懐かしい。
妻曰く「声が若い」そりゃそうでしょうね、1970年の初ソロアルバムからの曲ですから。
Jon Lordのソロアルバムからの曲もインターネットラジオでは珍しいかもです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Dream On - Cd. Aerosmith (1973) by Aerosmith
Before I Forget - Cd. Before I Forget (1982) by Jon Lord
Little Richard - Tutti Frutti by Little Richard
Elton John - Skyline Pigeon - by Elton John
Eric Clapton - After Midnight by Eric Clapton
Diary Of A Man Who Disappeared - Cd. The Steve Howe Album (1979) by Steve Howe
King Kong - Cd. Focus by Focus
<----------RADIO BACKSTAGE - Classic Rock---------->
Clones by Chevelle
Everything You Want Me To Be by Surrender The Fall
Old Train by Monster Truck
Absentee Father by Filter
Locked & Loaded by Eve to Adam
This Is The Time (Ballast) by Nothing More
Hapless by Seven Day Sonnet
The Great Die Off by Rise Against
<----------New Normal Rock---------->

1月13日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも、引続き「Inside Jazz - Contemporary」でした。
同じ場所に設置している無線LANルーター経由で同じ部屋で受信しているのに何故かその日によって電波状態が大きく変化します。

街中でもなく、どちらかというと田舎の部類で膨大な情報が流れているということはないと思うんですが、不思議です。
長年使った有線LANでは当然こんなことはなく安定していたのが懐かしい。

やっぱりジャズは演奏時間が長い曲が多いので、限られた時間では聴くことのできる曲数は少なくなります。
人気なのかライブ音源が多いのか、David Garfieldはよく登場する印象があります。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Song 8 by Don Randi & Quest
Juahida Palo Bohitos by Francisco Aguabella
Porgy by Roberta Gambarini
Corbitt Van Brauer by David Garfield & the Cats

1月12日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも、引続き「Inside Jazz - Contemporary」でした。
やっぱり寒いこの季節は暖かい部屋でジャズが合っています。

昨夜も色んなタイプのジャズがストリーミングされていましたが、聞いている間に流れてきた曲は全部初めてのミュージシャンでした。

Song 14とかSong 11って、タイトルが分からなかったんでしょうか?
オリジナル音源だとアナウンスしていますけど……
セットリスト貰えばいいのに、と思ってしまいました。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Surrey by Kathleen Grace
Song 11 by Munyungo Jackson
Song 14 by Sandro Albert
Reflections by Max Bennett & Private Reserve
Multi-Colored Blues by Roberta Gambarini

1月11日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「Inside Jazz - Contemporary」でした。
このインターネットラジオステーションが気に入っているのは、「Radio Paradise」と似ていて、余り聞いたことのない曲が流れ、特に詳しくはないけれど気持よく聞けるからです。

昨夜ストリーミングされていた曲の中では、かろうじてサックス奏者Dave Liebmanの名前を知っているくらいです。
やはり冬に暖かい部屋で軽く酔って聴くジャズは気持ちが良いです。
気が付いたら日付が変わる時刻が近づいていました。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Yesterday Intro by Marco Mendoza
Song 9 by Munyungo Jackson
India by Dave Liebman
Song 2 by Peter Sprague
Charlie Brorwn by Don Randi & Quest
Izaura by Gretchen Parlato

1月10日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、久しぶりに「Radio Paradise」を聴いていました。
最近は、あまりこのインターネットラジオステーションらしくない雰囲気の、ある意味メジャーどころがストリーミングされることが(たまたま私が聞いているタイミングなのかもしれませんが)多いよな印象がありますが、昨夜はいかにも「Radio Paradise」らしい雰囲気を持った曲がメインでした。

初めて聞くミュージシャンの音がたくさん流れ、それが気持ちいい音だったので、すっかリ酔っ払ってしまいました。(単に飲み過ぎ(^^;)
Talking Headsはあちこちのインターネットラジオステーションでストリーミングされていますね、やはり根強い支持があるのでしょう。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

California Raining by Madeleine Peyroux
Crazy by Patsy Cline
Crazy by Shawn Colvin
All A Lie by 78 Saab
Time Lapse by Ludovico Einaudi
World Before Columbus by Suzanne Vega
Up On The Hollow Hill by Robert Plant
Novocaine for the Soul by Eels
Once In A Lifetime by Talking Heads
The Deserters by Rachel Zeffira
Time Is A Lion by Joe Henry
The Supreme Illusion (Feat Gunjan) by Thievery Corporation
Full Grown Boy by Tom Petty & The Heartbreakers
Keep Your Picture Clear by Tom McRae
If I Could by Sophie Zelmani
Bittersweet Me by R.E.M.
Talisman by Air
Renaissance Affair (Orchestra Version) by Hooverphonic
Hanging On by Active Child

1月9日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、引続きサザンロックがストリーミングされる「All Dixie Rock.com 」を聴いていました。

いきなり流れてきのが、Koko Taylor。
この人はブルース又はR&BでDixie Rock(=サザンロック)ではないと思います。
以降はおなじみのサザンロックサウンドが続きますが、相変わらず余り知っているミュージシャンの曲はストリーミングされません。
Molly Hatchetはかろうじて名前を知っていくらい。

このステーション、全体的には「微妙に知っている人も登場する」中々いい塩梅なんですが、いかんせんサザンロックのバンドというのはどのバンドもどこか似通った曲調と雰囲気があって毎日聞くには新鮮味に欠けるような気がします。
そうえいば、Alligator Stewって昨夜も登場したような……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

The Rebel (Live) by Southern Fury
Moonlight Dancing On the Bayou (Live) by Molly Hatchet
Miami CSI by Elias T Hoth
Two Wheels by Alligator Stew
Piece of Your Soul (Live) by Storyville
If You're Looking for a Fool by Webb Wilder & The Beatnecks
Wang Dang Doodle by Koko Taylor

1月8日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGM、そろそろハードロックにも飽きてきたので、「ROCK」の中から「All Dixie Rock.com 」を聴いていました。
Dixie Rockというのは馴染みのないジャンルなので、どんなタイプの曲がストリーミングされるのか……

まず最初はAlligator Stewという聞いたことのないバンド。
バンド名こそ聞いたことはないものの、流れてきた音はとても馴染みのある、いわゆるサザンロックというジャンルの曲です。
続いてストリーミングされたのがLynyrd Skynyrdsですから、間違いなくDixie Rockというのはサザンロックのことのようです。

流れてくる曲がどれも初めて聞くバンドなのに、何となく馴染みがあります。
気づいたのですが、サザンロック(=Dixie Rock)のボーカルは大抵が地声のダミ声っぽいですね。
それから大抵のメンバーが太めでひげを生やしている………そんなイメージがあります。(実際にそれぞれのバンドの画像を見たわけではなく、あくまでイメージです。(^^;)

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Red Moon Risin' by Michael Katon
Fall of the Peacemakers (Live) by Molly Hatchet
Flirtin' With Disaster by Molly Hatchet
64 Live by Southern Drive
Bloody Reunion (Live) by Gator Country
Stood Up by Mose Jones
Simple Man (Live) by Lynyrd Skynyrd
Blood Money by Alligator Stew

1月7日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも引続き「181.fm - The Rock (Hard Rock!)」を聴いていました。

ストリーミングが始まって最初に流れてきた曲を聞いて、これは中々いいなと思ったらFoo Fightersでした。
このバンドはそれほど聞いているわけではないのですが、好きなバンドです。

Velvet Revolverって一時期話題になったような、誰だったかな、スラッシュとかダフ・マッケイガンがいたバンドでしたっけ。
音はそれほど印象に残ってないのですが、Wikipedia(ウィキペディア)によれば、今も解散はしていなくてリードボーカリストを探しているんだとか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Let Go (Radio Edit) by Red
Sick Like Me by In This Moment
Spoonman by Soundgarden
What If I Was Nothing (Radio) by All That Remains
Fall To Pieces (Album Version) by Velvet Revolver
Something For Nothing (Clean Edit) by Foo Fighters

1月6日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、「4U Classic Rock」もさすがにちょっと飽きてきたのと、少し刺激のある音が欲しくなり、検索結果から「181.fm - The Rock (Hard Rock!)」を聴いていました。

ハードロックということで、聞き慣れた音を期待したら最近のハードロックがメインで、なるほど、今はこういうのをハードロックというのか、みたいな。
なんか、前にも書いたような気がします。

ジジイとしてはハードロックはリフとどこか泣きの部分というか、そういうものを期待するのですが、そういった部分が全くない有無を言わせないゴリゴリしたハードさ。
メタルやスクリーモ?との境界は?
とあれこれ考えはめぐるのですが、音そのものはそれなりに楽しめました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Mr. MTV by Nothing More
Do You Call My Name (Radio Edit) by Ra
No Resolution by Seether
Pretty Handsome Awkward by Used
Voodoo (Radio Edit) by Godsmack
Pure Massacre (Radio Edit) by Silverchair
Wrong Side Of Heaven by Five Finger Death Punch
Use The Man (Edit) by Megadeth
Cold by Crossfade
Evolution (Super Clean) by Korn

1月5日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「4U Classic Rock」でした。
最近では定番化しています。

昨夜も幅広いジャンルから選曲されていましたし、年代もバラバラ。
Christopher CrossのArthur's Theme (Best That You Can Do)は映画のテーマソングで、ちょうど今Huluで見ることができます。
メロディーといい声質といい、聴いていて気持ちがいい。
実は、80年代絶頂期のライブを見に行ったことがあります。

今では引退するとかしないとかのフィル・コリンズはこの時期、ボーカリストとしての自信にあふれている感じで、素晴らしい声の使い方をしています。
娘のリリー・コリンズは女優として段々と実力をつけている感じだし、100 Most Beautiful Faces 2014では32番目にリストされています。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Playin It Cool by Timothy B. Schmit
Black Night by Deep Purple
Mama by Genesis
On The Road Again by Canned Heat
Arthur's Theme (Best That You Can Do) by Christopher Cross
Goodbye Yellow Brick Road by Elton John
Father And Son by Cat Stevens
When You Walk In the Room by Paul Carrack
When I'm Sixty-Four by The Beatles
Don't Talk To Strangers by Rick Springfield
Desperado by The Eagles
The Heat Is On by Glenn Frey
Eyes Without A Face by Billy Idol
Oh Sherrie by Steve Perry

1月4日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「4U Classic Rock」でした。
ここのところのアイアン・バタフライ連日ストリーミングにちょっと食傷気味だったのですが、新しいインターネットラジオステーションを探すのも手間だし、ということで新たな展開に期待して。

定番のメジャーどころの曲がストリーミングされましたが、In A Gadda Da Vidaはなく、一安心。
あちこちの70年代系の音楽がストリーミングされるインターネットラジオステーションでは定番ともいえるDon McLeanのAmerican Pieは意外にも「4U Classic Rock」では初めて聴くような気がします。

Dusty Springfieldもこうして聞くと結構ブルー・アイド・ソウルだし、Rickie Lee Jonesも懐かしいし、昨夜はなかなか良いラインナップで楽しめました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Chuck E's In Love by Rickie Lee Jones
Maneater by Hall & Oates
Wouldn't It Be Nice by The Beach Boys
Son Of A Preacher Man by Dusty Springfield
Modern Love by David Bowie
American Pie by Don McLean
Light My Fire by The Doors
How Long by Ace
I Can't Tell You Why by The Eagles
Coming Up by Paul McCartney
Separate Ways (Worlds Apart) by Journey
Making Love by Air Supply
It's Still Rock And Roll To Me by Billy Joel

1月3日のインターネットラジオ

昨日早朝妻の実家から帰ってきました。
心配した高速道路の凍結はなく、一部速度規制はあったもののスムーズな走行で無事帰ってくることができました。

そして、昨夜からはいつもどおり、夕食BGMとしてインターネットラジオを聴いていました。
聴いていたのは、ジャンル、年代などほぼ脈略もなくストリーミングされて結構楽しめている「4U Classic Rock」でした。
アイアン・バタフライのIn A Gadda Da Vidaはこの間も聞いたよなぁ、と思ったら12月30日にもストリーミングされていました。

Bryan Adamsはどのインターネットラジオでも定番といえますが、こんな長い曲を度々聞かされてはちょっと他のステーションに変えてしまいたくなります。
この曲は好きな曲でライブバージョンは今聞いても中々良い演奏をしています。
ただ、こういったストリーミングで夕食BGMにするとなると、長い曲が度々登場するのはちょっと、という気がするのです。

そんな中にChet Bakerが流れると、中性的ながらなんとも言えない温かみのあるボーカルにほっとします。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Bad Medicine by Bon Jovi
Hurricane by Bob Dylan
All Right Now by Free
This Time by Bryan Adams
In A Gadda Da Vida by Iron Butterfly
I Feel The Earth Move by Carole King
25 Or 6 To 4 by Chicago
Let's Get Lost by Chet Baker

12月30日のインターネットラジオ

今日は早朝から車で妻の実家へ行くので、昨夜の夕食BGMを早めに更新しています。
というか、早く寝ないといけないんですけど……(^^;
昨夜も夕食BGMは「4U Classic Rock」でした。

なかなか渋い選曲だと思います。
ただ、Rod StewartのMaggie Mayはヘンリーからの再生ではなかったのが残念。
henryあってのMaggie Mayだと思うのですが……

Iron Butterfly、凄いですねぇ。
60年台でサイケの香りが強いながらも、どことなくプログレにつながっていきそうな、その雰囲気が好きです。

妻の実家のみんなといっしょの夕食でインターネットラジオのBGMはありえないので、しばらく中断します。
帰ってきたらまたしつこく再開します。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Maneater by Hall & Oates
Ride Me High by J.J. Cale
Whole Lotta Love by Led Zeppelin
In A Gadda Da Vida by Iron Butterfly
Babylon Sisters by Steely Dan
All Right Now by Free
The Joker by Steve Miller Band
Love Hurst by Nazareth
On The Turning Away by Pink Floyd
Maggie May by Rod Stewart
Modern Love by David Bowie
Little Sister by Ry Cooder
Rooms On Fire by Stevie Nicks

12月29日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも、引続き「4U Classic Rock」でした。
相変わらず、いろんな年代の様々なジャンルの曲がストリーミングされていましたが、中でもThe BeatlesのAll My Lovingは他の曲と聴き比べても、例えばハードロック、メタル系のバンドと比べても、勢いが凄い。

メタラーの妻もその勢いには驚いていました。
このパワーの源は何でしょう、若さ、曲作りの才能、色々あるでしょうがストレートに突き進む勢いはパンクとも共通するものを感じました。
歌詞をまだ覚えてて一緒に歌えました。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Biggest Part Of Me by Ambrosia
Have You Ever Really Loved A Woman? by Bryan Adams
Is This Love by Whitesnake
Leather And Lace by Stevie Nicks
Break On Through by The Doors
Wasted On The Way by Crosby, Stills & Nash
The Ballad Of Lucy Jordan by Marianne Faithfull
I Shot The Sheriff by Eric Clapton
Big City Nights by Scorpions
All My Loving by The Beatles
Sultans Of Swing by Dire Straits
Take It To The Limit by The Eagles
Black Magic Women by Santana
Little Lies by Fleetwood Mac
Brass In Pocket by The Pretenders
My Life by Billy Joel
My Sweet Lord by George Harrison
I'll Be Over You by Toto
Ghost Town by Poco
Jimmy by Moriarty
Bad Medicine by Bon Jovi

12月28日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、引続き「4U Classic Rock」を聴いていました。
70年代から80年代の曲が多くストリーミングされるようです。
ジャンルもハードロック系からAOR、プログレと様々です。

昨夜ストリーミングされていた中では、初めて聞いたPlayerのBaby Come Backという曲がブルー・アイド・ソウル風でなかなか良かったのですが、私的にはBaby Come Backというと、1968年のイコールズの曲を思い浮かべます。
同名異曲が流れると、タイトルが同じにもかかわらず、知らない曲で記憶の中にあるのとは違うメロディーだとショボイ脳味噌が混乱するというか不思議な感じがします。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Games People Play by The Alan Parsons Project
Hearts by Marty Balin
Money by Pink Floyd
Because the Night by Patti Smith Group
Rosanna by Toto
Baby Come Back by Player
Sailing by Christopher Cross
Mexico by James Taylor
La Grange by ZZ Top
The Passenger by Iggy Pop
Space Oddity by David Bowie

12月27日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、またまた新しいインターネットラジオステーションを探して、まず「Route 66 Classic Rock Radio」からはじめましたが、残念ながら曲目などのデータが表示されません。
Sound Houndを使ってもいいのですが、一手間かかるので次に見つけた「4U Classic Rock」に変更。

ストリーミングは128bps 44.1KHzと標準的なスペックで音質にも問題なし。
聴き始めは60年代の曲が2曲続き、クラシックロックというよりオールディーズか、と思いましたが、その後は70年代のロックになり、中々幅広く節操のない選曲のようで、私好み。
選曲は王道な感じですが、しばらく聴いてみたいと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

That's All by Genesis
Since You've Been Gone by Rainbow
Dirty Deeds Done Dirt Cheap by AC/DC
Takin' It To The Streets by The Doobie Brothers
I Love L.A. by Randy Newman
Love In An Elevator by Aerosmith
You're So Vain by Carly Simon
Dreams by Fleetwood Mac
No Milk Today by Herman's Hermits
I Can Hear Music by The Beach Boys

12月26日のインターネットラジオ

クリスマスもあっという間に終わり、昨夜の夕食BGMはまたいつものインターネットラジオで、聴いていたのは「Inside Jazz - Contemporary」です。
何となくクリスマスソングの賑やかな雰囲気から、温かみと落ち着きのあるジャズの音への変化が気持ちいい。

クリスマスソングの中にはハービー・ハンコックの曲やダイアナ・クラールのものもあり、そういった雰囲気が引き継がれている感じで違和感なく、まったりと聴いていました、

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Song 6 by Don Randi & Quest
Such a Fall by Curtis Stigers
Got You On My Mind by Amber Whitlock
Song 11 by Munyungo Jackson
Song 10 by Yosvany Terry Cabrera

12月24日、12月25日のインターネットラジオ

12月24日、12月25日両日はクリスマスイブとクリスマスでした。
我が家では1年のイベントのひとつとしてクリスマスケーキを食べ、夕食には手頃な価格のスパークリングワイン(今年はイオンのカヴァ「リゴル エクセレンシア ブリュット」)を開けます。

夕食BGMは以前、特に結婚前は毎年独自に編集したクリスマスソング集を聴いていましたが、そのうちネタ切れにもなるし、スマホならもっとたくさんの曲が保存できるので、最近は今まで10年以上で集めた曲をmicroSDカードに保存し、ランダム再生させています。

今年は、ここ数年保存していた曲からクリスマスには関係ないと思われる曲を除いた以下の曲をランダム再生していました。
中でもAnn Margret と Al Hirt の Baby It's Cold Outside はお気に入りです。

日本だとこんな曲はコメディアンなんかがおふざけで歌うかもしれないけど、ロッド・スチュアートやバリー・マニローなんかも歌っています。
それぞれに個性があるのですが、私はやっぱりこのバージョンが一番です。
もう最初の辺りの「うぁ」で参ります。(^^;

こうしてランダム再生で聴いてみると、ブルース、R&B、ジャズ、クラシック、ソウルからメタルまで様々なジャンルのクリスマスソングがランダムな割には絶妙なつながりで再生され、2日間聴いていても、実はウォーキングの時にも聴いていて、飽きることがありません。
ということで、クリスマスの2日間はネットラジオはお休みでクリスマスの雰囲気にどっぷりと浸かってました。

スマホのmicroSDカードには以下のよう曲が保存されていました。

The Christmas Song by Aaron Neville
O Little Town Of Bethlehem by Aaron Neville
Mistress For Christmas by AC/DC
Celebrate Me Home (Album Version) by Al Jarreau
Only You Can Bring Me Cheer (Gentleman's Lady) by Alison Krauss
Baby It's Cold Outside by Ann Margret & Al Hirt
Christmas Turkey Blues by The Arrogant Worms
Hey Santa by Ashanti
Sharing Christmas by Ashanti
Merry Christmas Baby by B.B. King
Christmas Time by Backstreet Boys
Baby, It's Cold Outside by Barry Manilow & K.T. Oslin
Lonely Christmas Eve by Ben Folds
Christmas Is All Around by Billy Mack
Jingle Hells Bells (LP Version) by Bob Rivers
You Are My Christmas by Bobby "Blue" Bland
You Are My Christmas [Single Version] by Bobby Bland
I Wish Every Day Could Be Like Christmas by Bon Jovi
Merry Christmas Baby by Boney James
The First Noel by Brian McKnight
What I Really Want For Christmas by Brian Wilson
Zat You Santa Claus by Buster Poindexter
Christmas Blues by Canned Heat
Merry Christmas Darling by The Carpenters
Last Christmas by The Cheetah Girls
Christmas Time Is Here by Chipz
Merry Christmas, Baby by Christina Aguilera
Frosty The Snowman by Cocteau Twins
Reggae Christmas Eve In Transylvania by Count Floyd
Early Christmas Morning - YouTub by Cyndi Lauper
Feels Like Christmas by Cyndi Lauper
Christmas Time (Don't Let The Bells End) by The Darkness
Angels In The Snow by David Arkenstone
Carol of the Bells by David Benoit
Christmas Time Is Here by David Benoit
What Are You Doing New Year's Eve? by Diana Krall
Winter Wonderland by Diana Krall
Step Into Christmas by Elton John
Christmas Tears [Live] by Eric Clapton
Please Come Home For Christmas by Etta James
Foghat - All I Want For Christmas Is You by Foghat
Christmas Everyday by Fred Hammond
Another Rock'n Roll by Gary Glitter
The Christmas Song by Gary Hoey
Have Yourself a Merry Little Christmas by Gary Hoey
I'll Be Home for Christmas by Gary Hoey
This Christmas by Glenn Hughes
Gnags´ Julesang by Gnags
Alan Parsons In A Winter Wonderland by Grandaddy
Winter Wonderland by Herb Alpert / Jeff Lorber
I'll Be Home For Christmas by Herbie Hancock & Eliane Elias
Wonderful Christmas Time by Hilary Duff
Christmas Blues by Holly Cole Trio
Soulful Christmas by James Brown
Have Yourself A Merry Little Christmas by James Taylor
Amazing Grace by Jeff Beck
Ho, Ho, Ho, And A Bottle Of Rhum by Jimmy Buffett
Baby, It's Cold Outside by Jimmy Smith
Blue Christmas by Joe Perry
I'll Make Every Day Christmas by Joe Tex
Blue Christmas by Jon Bon Jovi
Santa Claus Is Back In Town by Jonny Lang
Have Yourself A Merry Little Christmas by Katie Melua
Run, Rudolph, Run by Keith Richards
Santa Claus Is Back In Town by Kenny Chesney
On A Cold Winter's Day / Christmas Eve' Song by Kevin Burke
Silent Night by Kirk Franklin & The Family
Christmas Ball Blues by Leon Redbone
Lonesome Christmas (Part 2) by Lowell Fulson
Every Year, Every Christmas by Luther Vandross
Santa's Messin' With The Kid by Lynyrd Skynyrd
Santa's Messin' With The Kid by Lynyrd Skynyrd
All I Want for Christmas Is You by Mariah Carey
Miss You Most (At Christmas Time) by Mariah Carey
I'll Be Home for Christmas by Matchbook Romance
Christmas Time Is Here by Michael Franks
Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! by Michael Franks
Lonely Without You (This Christmas) by Mick Jagger and Joss Stone
I Can't Wait For Christmas by Mindi Abair
All I Want For Christmas Is You by My Chemical Romance
Children Go Where I Send Thee by Natalie Merchant
Merry Christmas Baby by The O'Jays
If Everyday Could Be Like Christmas by Patti LaBelle
Fairytale Of New York by The Pogues Featuring Kirsty MacColl
Another Lonely Christmas by Prince
Every Valley Shall Be Exalted by Quincy Jones
World Christmas by R.Kelly
Christmas Blues by Ramsey Lewis
Christmas Blues by Ramsey Lewis
Christmas Time Is Here by Ray Parker, Jr
Someday at Christmas by Remy Zero
Ay, Ay, Ay It's Christmas by Ricky Martin
Baby its cold outside by Rod Stewart and Dolly Parton
Posada (Pilgrimage To Bethlehem) by Santana
Merry X-Mas Everybody by Slade
Sonny Boy's Christmas Blues by Sonny Boy Williamson
Sonny Boy's Christmas Blues by Sonny Boy Williamson
I'll Be Home For Christmas by Spyro Gyra
The Christmas Song by Steve Lukather
O Tannenbaum by Steve Lukather
Angels We Have Heard on High by Steven Curtis Chapman
Winter Wonderland by Stryper
Baby It's Cold Outside by Suzy Bogguss & Delbert McClinton
Christmas Bop by T.Rex
The Christmas Song by Take 6
Ave Maria by Tarja Turunen
O Come All Ye Faithful by Trans Siberian Orchestra
arol Of The Bells/Sarajavo by Trans-Siberian Orchestra
Track01 by Unknown Artist
Track11 by Unknown Artist
Christmas In My Heart by Various
Black Christmas by Venom
Eurythmics - Winter Wonderland by A Very Special Christmas
Last Christmas by Wham!
Christmas Katie by Widespread Panic

12月23日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、「Soul Radio」からスタートしました。
このインターネットラジオステーションでかかるソウルは、クラシカルでオーソドックなソウルです。

昨夜ストリーミングされた中ではMFSBを懐かしく聞きました。
多分70年だだったと思いますが、当時はブリティッシュ・ロック命でしたから、ソウルなんかは殆ど聞かないわけです。
嫌いというわけではなく、単に興味がなかった。

そういった仲間内でMFSBとはなんの略だろう、ということになり私はMemphis Freedom Soul Bnadだと主張しました。
当時は、割とソウル系でメッセージ性のある曲が多かったイメージがあり、それで多分こういうバンド名を思いついたんだと思います。
でも実際には、Mother Father Sister Brotherの略だったんですね。
これはこれで納得できるバンド名ではあります。

その後、これまたオーソドックスなジャズボーカルが流れるインターネットラジオステーション「Vocal Legends」に移動。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Too Close for Comfort by Dakota Staton
Dream A Little Dream Of Me by Ella Fitzgerald & Louis Armstrong
If I Had You by Dinah Washington
I'm Hip by Blossom Dearie
Little Girl Blue by Anita O'Day
Something to Live For by Dianne Reeves
<----------Vocal Legends---------->
You're The First, The Last, My Everything by Barry White
Please Don't Stop by Richard Bona & John Legend
Every Day Will Be Like A Holiday by Sweet Inspirations
Teardrops by Womack & Womack
T.S.O.P. by MFSB & Three Degrees
Mornin' by Al Jarreau
Loving You by Michael Jackson
Who Do You Love by Lenny White & Chaka Khan
<----------Soul Radio---------->

12月22日のインターネットラジオ

昨夜は、引続き「Radio Paradise」を聴いていました。
最初は懐かしい、マーヴィン・ゲイです。
その後もいかにも「Radio Paradise」らしい雰囲気の曲が続きました。

オフィシャルサイトを見ると、Bill Goldsmithという人が奥さんと一緒に2000年に始めて、選曲からスケジュールまで一人でやっているそうです。
この独特の語り口のDJがBill Goldsmithさんなのでしょう。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Down In The Flood by The Derek Trucks Band
Love Don't Leave Me Waiting by Glen Hansard
Under The Pressure by The War On Drugs
Then Came the Morning by The Lone Bellow
Let the Day Begin by The Call
Ride My See-Saw by The Moody Blues
1976 by RJD2
Floating by Laika & The Cosmonauts
What's Going On by Marvin Gaye

12月21日のインターネットラジオ

昨夜は、「Radio Paradise」をタップしたつもりが「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」がストリーミングされました。
イーグルスだったのでそのまま聞いていると、ボン・ジョヴィやすっかリアメリカ風の音になったForeignerと続き、いつものBryan Adamsが登場したところで「Radio Paradise」に移動。

Nick Drakeはインターネットラジオを聞いていると時々登場しますが、こういう暗い音の需要があるんですね。
Pink Moonはいいアルバムですけど。

そうこうしているうちに、クリスマス用にスマホに転送しておいた曲がちゃんとした音で再生できるかチェックしてみました。
ということで、Jesse Winchester以降はインターネットラジオではありません。
様々な音源からの寄せ集めですが、音質的には問題ないようなので、今年のクリスマスの夕食はスマホで大丈夫そうです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

I'll Be Home For Christmas by Gary Hoey
Ho Ho Ho and a Bottle of Rhum by Jimmy Buffett
I Wish Everyday Could Be Like Christmas by Bon Jovi
All I Want For Christmas Is You by Kesha, Nicky & Deidre
<----------Christmas Songs---------->
Full Moon by Jesse Winchester
Pink Moon by Nick Drake
Bones by Rachel Sermanni
<----------Radio Paradise---------->
(Everything I do) I do it for you (live) by Bryan Adams
Have you ever seen the rain (live) by John Fogerty
Urgent (live) by Foreigner
Keep the faith (live) by Bon Jovi
Heartache tonight (live) by Eagles
<----------ANTENNE BAYERN Classic Rock Live---------->

12月20日のインターネットラジオ

昨夜は、予定どおりというか、いまの気分で聞きたいジャンルをストリーミングするインターネットラジオステーションもなく、「Inside Jazz - Contemporary」を聴いていました。

Max Bennett & Private Reserve、トニー・ベネットと関係有るのかと思ったらそうではなくジャズベーシストだそうで、ウィキペディア(Wikipedia)によると、自身のアルバムのほか、多くのミュージシャンのアルバムに参加しているようで、ざっとみても、The Beach Boys、Carole King、Paul Williams、The Fifth Dimension、Steely Dan (Aja)、Phil Specto、Joan Baez、The Temptations、Joni Mitchell (Court and Spark, Miles of Aisles, Hissing of Summer Lawns, Hejira)、The Crusaders (Scratch, etc.)、Frank Zappa (5 Albums) ……と60年代から70年代に活躍したメジャーどころがズラリと並んでいます。

きっと私が持っているアルバムでも探せば名前が見つかるのでしょう。
ギターやキーボード、ドラムスは誰が参加しているのか確認することも多いのですが、ベースは見逃しがちかもしれません。
年末の片付けの際にでもアルバムの参加ミュージシャンをチェックしてみたいと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Solitude by Max Bennett & Private Reserve
In Your Face by Bill Fulton
Ella by Kevyn Lettau
Song 5 by Don Randi & Quest
A Time for Love by Kathleen Grace
Stardust Melody by Roberta Gambarini

12月19日のインターネットラジオ

昨夜は、引続き「MelodicRockandMetalRevelations」を聴いていました。
2日続けて聴いてみると、やっぱり同じような曲がストリーミングされることが多く、Dioがよく登場する気がします。
ファンな妻は喜んで聴いていますが、特にファンでない私としては、またかな感があり、「MelodicRockandMetalRevelations」もちょっと飽きてきたかな。
何より、余りのも私の馴染みのないミュージシャンが多いのが辛いところです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

How Many Times by Grimmark
Distraction by Misako Honjo
Taken It All by American Angel
TargetSpot by Targetspot
Arise by Kiske-Somerville
Demolition alley by Saxon
Never Enough by Kiss
Welcome to Hell by Steelfox
Overlove by Dio
Shot of Love by Romeo Delite

12月18日のインターネットラジオ

昨夜は新しいインターネットラジオステーションを探して「MelodicRockandMetalRevelations」を聴いていました。
「Chroma Rock Classic」は何となくストリーミングされる曲が同じミュージシャンのものが繰り返される感じがあり、ちょっと飽きました。
例えば、 Janis Joplinは必ずと言っていいくらい登場します。

「MelodicRockandMetalRevelations」はデータは128Kbps MP3 44.1KHzと標準的なもので、音質的に問題ありません。
メタラーな妻も知らないミュージシャン、曲が中心で、かろうじてExtremeを知っている程度。
この曲When I'm Presidentはまるでエアロ・スミスです。

曲のタイプも様々ですが、全く知らない曲、ミュージシャンばかり、というのも微妙です。
今夜もとりあえず聞いてみて、やっぱりしっくりこなかったらまた新しいインターネットラジオステーションを探すか、結局「Inside Jazz - Contemporary」に落ち着くか……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Turned To Dust by Threshold
Turquoise by Kerry Denney
Wasteland by Sahara
TargetSpot by Targetspot
Looking In From The Outside by Mad Margritt
Lad In Sin by Wildside
Cock Blocker by Aunt Betty
When I'm President by Extreme
lunatic #1 by Crucified Barbara

12月17日のインターネットラジオ

昨夜は引続き「Chroma Rock Classic」を聴いていました。
Bon Jovi、Gary Moore、Alice Cooper、Black Sabbath、Dioと妻が好きそうなミュージシャンが次々登場し、実際楽しそうに聴いています。
でも私の好みとは微妙に違うものが多く、ちょっと疲れる感じ。
明日はまた別のインターネットラジオステーションを探してみましょう。(^^;

しかし、どういう風にデータが整理されているのか、Al Greenとか、Eagles、The Animals、Cream、Dire Straits、Christopher Cross辺りは全体のストリーミングからすると違和感があります。
逆に私はこういう音が入るとアクセントになっていいんですけど……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Ride Like The Wind by Christopher Cross
Money For Nothing by Dire Straits
Holly Diver by Dio
Little Wing by Jimmy Hendrix
The Wizard by Black Sabbath
Burnin' For You by Blue Oyster Cult
Born Under A Bad Sign by Cream
Urgent by Foreigner
Don't Let Me Be Misunderstood by The Animals
No More Mister Nice Guy by Alice Cooper
The Greeks Don't Want No Freaks by Eagles
Used To Bad News by Boston
Communication Breakdown by Led Zeppelin
Let's Stay Together by Al Green
Highway Star (Made In Japan) by Deep Purple
Hurricane by Gary Moore
Blame It On The Love Of Rock & Roll by Bon Jovi

12月16日のインターネットラジオ

昨夜は新しいインターネットラジオステーションを探して「Chroma Rock Classic」を聴いていました。
データは128Kbps MP3 44.1KHzと標準的なもので、音質的に問題ありません。
検索結果に表示されたストリーミング中の曲がFocusのHocus Pocusだったので選んでみました。

最初はクラシック・ロックというのにふさわしく、Eagles、The Animalsと続いたのですが、ジェフ・ベック辺りから流れが変わり、Dio、Deep Purple、Aerosmith、Golden Earringと妻の好みの音が続き「ここ、ええやん」と気に入っていただけた様子。
HammerheadがRock Classicはどうかと思いますが、年代もジャンルもバラバラで結構楽しめそうですので、今夜も引続き「Chroma Rock Classic」を聞いてみようと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Black Magic Woman by Fleetwood Mac
Depend On Me by Bryan Adams
Born Under A Bad Sign by Cream
Radar Love by Golden Earring
Crying by Aerosmith
Soldier Of Fortune by Deep Purple
Holly Diver by Dio
Not Guilty by Bryan Adams
Hammerhead by Jeff Beck
Do I Have To Say The Words by Bryan Adams
This Big Hush by Shriekback
Mercedes Benz by Janis Joplin
It's My Life by The Animals
Already Gone by Eagles
Hocus Pocus by Focus

12月15日のインターネットラジオ

昨夜は夕食の開始時間が遅くなったため、あれこれ選ぶことができず引続き「Soul Radio」を聴いていました。
相変わらず色んなタイプのソウル・ミュージックが良い音質でストリーミングされて、気持ちよく聴くことができます。

昨夜のラインナップの中では、Ben E Kingが驚きです。
最近でもビルボードライブなどに出演しているようですが、こんなタイプの曲をやっているとは。
ミュージシャンはみんなそうかもしれませんが、時代ととともに変化していくものですね、スパイナル・タップのように。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Another Day by Jamie Lidell
Sweet Taste by Alain Clark
Musicology by Prince
Family Affair by Sly & The Family Stone
Here We Go Again (Bump Mix) by Aretha Franklin
Supernatural Thing by Ben E King
Lady Love Me by George Benson
Can You Feel The Force by The Real Thing
Don't You Worry 'Bout A Thing by Incognito
No One's Gonna Love You by S.O.S. Band

12月14日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは一昨夜に続きソウル系のインターネットラジオステーションを検索してその名もズバリな「Soul Radio」を聴いていました。
ストリーミングは、64Kbps AAC 44.1KHz。
やっぱりAACは低ビットレートでも音がいいですね。

流れてきたのは新旧取り混ぜた感じのなかなか良いバランスだと思います。
何となくこういう音は今の季節に聞くと温かみを感じてグッドです。
妻は元来メタラーなんですが、何故かトニー・ブラクストンのアルバムを持っていたりして、昨夜のBraxtonsの曲も知っていたようですが、今はグループになっているんですね。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

I Wanna Get With You by Guy
Theme From 'Which Way Is Up' by Stargard
Don't Leave Me This Way by Harold Melvin & The Blue Notes
Reset To Zero by Anthoney Wright
Right Here (Human Nature Remix) by SWV
Boogie Down by Al Jarreau
September by Earth, Wind & Fire
You Got The Love by Confection
Lowdown (radio edit) by Boz Scaggs
Dance (With U) by Lemar
I Got A Feeling by Barbara Randolph
Let It Whip by Dazz Band
Slow Flow by Braxtons
Get Down Saturday Night by Oliver Cheatham

12月13日のインターネットラジオ

昨夜は、いつもと違う音を聞きたくてあれこれ探していましたが、なかなか面白そうな音に出会えず、それならこれはどうだということで「: Radio Tropical :」から始めました。

結構脳天気なラテン系の音楽が流れるのですが、残念がら曲のデータが表示されず、SoundHoundで検索するのも何となくめんどくさいので、結局「Jazz Soul by Jazz Radio」に変更。
このジャンルは無難に聴くことができるので、どのインターネットラジオステーションを聞こうか迷ったら、ジャズかソウル系ですね。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

If You Love Me by Brownstone
Power To The People [Demo] by Curtis Mayfield
I Know He Cares by Jonathan Butler
Right Now by Billy Preston
Girlfriend by Alicia Keys
Walk On By by Isaac Hayes

12月12日のインターネットラジオ

妻が実家から帰ってきて、昨夜はまた一緒に夕食とBGMです。
本来はお互いに聴くことができるジャンルを選ぶのですが、昨夜は妻の反応が見たくて、引続き「AORThen&Now」を選択。

意外にも受け入れられない、というほどではなく「どれを聞いてもボンジョビかジャーニーに聞こえる」という感想。
私はどちらもそれほど聞いているわけではないのですが、3日ほど聞いていると確かに、ボーカルはボンジョビやジャーニーに似た声質や歌い方が多く、この2つのバンドがAOR(と括っていいのかどうか分かりませんが)に与えた影響は大きいというのが分かります。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Cruel Tears (Brigade bonus) by Heart on #xiialive
Cruel Tears (Brigade bonus) by Heart
Never Too Late by Jimi Jamison
Radio by Positive Touch
One Love by David Glen Eisley
The Burden Of Being Wonderful by Steel Panther
Born To Be Your Baby by House Of Lords
TargetSpot by Targetspot
Bad On Fords And Chevrolets by Sammy Hagar
The Hills Have Eyes by Loud Lion
What She Wants by Storyteller
Don't Tell Me Lies by R.A.W.

12月11日のインターネットラジオ

昨夜は、引続き妻は実家に行って私一人で準備しながら食べて飲んで。
引続き「AORThen&Now」を聴いていました。

AORは嫌いではなく、スマートホンにも結構このジャンルのアルバムは入っていたりするのですが、それほど熱心なファンというわけではないので、Then & Nowと言われても、どの曲がThenで、どの曲がNowなのかさっぱりわからず、私が聞いてもこのインターネットラジオステーションの魅力半減といったところでしょう。

Dan Fogelbergといえば、この季節、私にとってクリスマスソングとしてSame Old Lang Syneが定番です。
一般的には山下達郎の、あの曲が定番なのかもしれませんが……
クリスマスなのにちょっと物悲しく、ちょっと温かみの感じられる名曲だと思います。

YouTubeで聴くことができますが、残念ながらライブです。
歌詞と訳詞はこちらから。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

More Will Be Revealed by Chicago
If He Loved You by Norman-Sexton
Waiting For A Miracle by Crossfade
Somebody's Telling Her Lies by Exile
Fool (What Does A Fool Do Now) by Off Course
St. George And The Dragon by Toto
High On You by Survivor
TargetSpot by Targetspot
I Don't Want To Leave You This by Alliance
Voices by Sneaker
I'm A Rider (Finally Home) by Blue Sky Riders
Lonely In Love by Dan Fogelberg

12月10日のインターネットラジオ

昨夜は、妻は実家に行って私一人で準備しながら食べて飲んで。
夕食BGMはAC/DCの新譜、Rock or Bust。
遂にマルコム・ヤングが正式に脱退し代わりに甥のスティーブ・ヤングが加入しての最初のアルバム。
来年はツアーで来日か、という大事な時期にドラムスの信じられないスキャンダル。

私は前作のBlack Iceがあまり好きではありません。
AC/DCのキモはシンプルなリフとシンプルな音の構成だと思うのですが、このアルバムは隙間を埋め尽くすように音に何となく違和感がありました。

その前のStiff Upper Lipのようなスタイルが似合っていると思うのですが、このアルバムは録音がショボイというかあまりにもスカスカな感じでした。
Rock or BustはStiff Upper Lipのようなシンプルな曲とBlack Iceのような厚みのある録音の組み合わで非常にバランスの良い、聴いていて気持ちのよい音になっています。

やっぱり、AC/DCはこうでなきゃ。
シンプルなリフに自然に体が動いてくる感じ。
ライブは絶対楽しめそうで、ドラマーの件が来日に影響するのかどうか分からりませんが、今から楽しみです。

Rock or Bustが終わった後は「Radio Paradise」を聴いていました。
Jose Gonzalezは映画「LIFE!」(The Secret Life of Walter Mitty)が映像もストーリーも良かった。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

The Rifle's Spiral by The Shins
See Emily Play by Pink Floyd
After Dark by Tito & Tarantula
Stay Alive by Jose Gonzalez

12月9日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、またジャズボーカル専門のインターネットステーションを検索して見つけた「Vocal Legends」を聴いていました。
データ形式は64KHz MP3でデータ的にはあまり良くありませんが、このジャンルで食事のBGMとしては問題ないクォリティです。

Vocal Legendsというだけあって、有名ドコロ、メジャーどころが次々とストリーミングされます。
先日聴いていた「CALMRADIO.COM - JAZZ VOCALISTS - Sampler」はジャズボーカルとは思えない曲もストリーミングされていたので、聞き飽きない感じでしたが、このインターネットラジオステーションは直球なジャズボーカルなので、刺激や新鮮味はなく、ちょっと飽きてくる感じがあります。
とはいえ、たまには軽く酔って聴くオーソドックスなジャズボーカル、いいものです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Happy Days and Lonely Nights by Kay Starr
I See Your Face Before Me by Bill Henderson
Baby, Won't You Please Come Home by Ella Fitzgerald
Cherokee by Dakota Staton
Show Me by Ella Fitzgerald
The Way You Look Tonight by Frank Sinatra
I Get Ideas by Bing Crosby & Rosemary Clooney
Honeysuckle Rose by Mark Murphy
A Sleepin' Bee by Nancy Wilson
What More Can I Say by Nina Simone
I Wonder by Dakota Staton
Little White Lies by Julie London
Fool That I Am by Etta James

12月8日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、我家の定番「Radio Paradise」を聴いていました。
昨夜はいつもと違ってメジャーどころが多くSuperstitionという、ここでは余り登場しないような曲がストリーミングされていました。

しかし、全体的にはいつもながら選曲がこのラジオステーションらしく、いい雰囲気の音が流れていました。

「Nick Lowe、誰だっけ、えっと、パブロック? だっけ?」
妻「パブロック? なにそれ?」
「そうか、ブリンズレー・シュウォーツにいたのか、やっぱりパブロックだなぁ。」
というような、お互い軽く酔って訳の分からない会話をしておりました。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Baba O'Riley by The Who
Find The River by R.E.M.
Don't Panic by Coldplay
Cosmic Pulse by Elephant Revival
Breaking Glass by Nick Lowe
Bloodbuzz Ohio by The National
Pump It Up by Elvis Costello
Superstition by Stevie Wonder

12月7日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、何となくボーカルモノのジャズが聞きたくなり、検索結果の中から「CALMRADIO.COM - JAZZ VOCALISTS - Sampler」を聴いていました。
Samplerとあるとおり、曲の合間に、有料会員になるともっと高音質でたくさんのジャンルから聞き放題みたいなCMが入ります。

無料のサンプルということで何と56Kbps 22.0KHzのMP3という、さすがにxiialiveを使い始めてから見たことがないくらいな低スペックの音源です。
ところが、このジャンルでストリーミングされている曲が必ずしも最新のデジタル音源というわけではなく、食事のBGMとしてならほぼ問題なく楽しめる音質です。

Ray Charlesはジャズというイメージはないのですが、Roll with me babyは全くのオーソドックスなジャズで声を聞いてもレイチャールズとは分かりません。
もう1曲ストリーミングされたSticks And Stonesの方は、聞いてすぐに分かるレイ・チャールズ節ですが、逆にこれはジャズではないだろうという選曲が面白い。
全体的にはオーソドックスなジャズボーカルがマッタリと聞けました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

But Beautiful by Tony Bennett
It Should've Been Me [8B4] by Ray Charles
Cheek To Cheek [8In] by Ella Fitzgerald & Louis Armstrong
Here Is Everything [8Jd] by Chiara Civello
Sticks And Stones [8w1] by Ray Charles
Ade (Mit Manfred Krug) by Caterina Valente
Two Shots Of Happy, One Shot Of Sad (Hot Nugget Remix) [8tq] by Matt Dusk
Roll with me baby [8xG] by Ray Charles
Vinsonology (Take 2 Instrumental) [99m] by Eddie Vinson & The Cannonball Adderley Quintet
My Foolish Heart by Tony Bennett
Black Orpheus [8qy] by Cassandra Wilson
One For My Baby [8Mi] by Tony Bennett

12月6日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、開始時間がちょっと遅めで、あれこれ選んでいる余裕がなかったため、引き続き「RadioIO: Progressive Rock」を聴いていました。

クリームとロキシー・ミュージックはプログレというイメージからはちょっと遠いかもしれませんが、何となく全体の流れから雰囲気は大きく違わない感じ。
食事の後、温まった部屋でウトウトしていて妻に肩を揺すられて起こされ、びっくりして目が覚めました。
その間も何か曲がストリーミングされていたはず……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Tales Of Brave Ulysses by Cream
Very Smelly Grubby Little Oik-Bobbing Wide by Caravan
Invisible touch (live) by Genesis
Sentimental Fool by Roxy Music

12月5日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、前夜のデイヴィッド・ギルモアに誘われてというわけではないのですが「RadioIO: Progressive Rock」を聴いていました。

Guru Guruはプログレというか、ある種のジャズ・ロックとでもいうか、訳の分からないむちゃくちゃ感が好きなのです。
カンタベリー系のキャラバンとか、中々センスの良い選曲です。
デイヴィッド・ギルモアつながりで、原子心母が出てくる辺り、憎いです。
といっても、当然のことですが「Radio Paradise」と連動しているわけではないでしょう。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Atom Heart Mother Suite [2011 Remastered Version] by Pink Floyd
Nightmare by Caravan
Jerusalem by Emerson Lake And Palmer
Stone In by Guru Guru
Nina by The Durutti Column
Nubian Lady by Yusef Lateef

12月4日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、ここのところの定番となっている「Radio Paradise」を聴いていました。

Bob DylanからDavid Gilmour、Derek Trucks BandそしてDizzy Gillespieと全くジャンルの括りというか脈絡のない曲がストリーミングされていたのですが、やはり何か雰囲気というか空気感が統一されているというか、どの曲も違和感なく連続していました。

David Gilmourといえば、恐らく最後になるだろうというピンク・フロイドのアルバムがリリースされました。
音はもう超越したというかプログレだとか、ピンク・フロイドという看板だとかは関係なく、そうかこれが最終形だったのか、と感じる良くも悪くも集大成的な音でした。

ラストライブとして来日があるかもと期待しましたが、ニック・メイソンによるとデイヴィッド・ギルモアがツアーをする気がないのだそうで、このままピンク・フロイドは終わってしまうのかもしれません。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

And Then She Stopped by Dizzy Gillespie
Hermes Bird by Remy Zero
Distance by Nits
Mahjoun by The Derek Trucks Band
On An Island by David Gilmour
Black Diamond Bay by Bob Dylan
Two Silver Trees by Calexico

12月3日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引き続き「Radio Paradise」を聴いていました。
昨夜は意外にもメジャーどころが多クストリーミングされるのが以前とはちょっと変わった感じがします。
とはいっても、耳に心地良い選曲がされていて、相変わらずのセンスの良さを感じます。
Amy Winehouse、あの破天荒な生き方は強烈な印象でしたが、既に懐かしいという感じになりました。

Sugarloafは当時非常に新鮮で、何故かジャズっぽく感じたものです。
当時の音楽を殆どリアルタイムで知らない妻は???な感じでした。
インターネットラジオで聞いている曲は、ツイッターとフェイスブックに記録していますが、翌日フェイスブックを確認したら、長い付き合いの親友が「いいね」してました。
「やっぱりそうなんだよ」でも妻は相変わらず「???」な反応でした。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Already Free (live) by Derek Trucks Band
Little Wing (live) by Jimi Hendrix
Mai Varamba by Oliver Mtukudzi
La Flor De La Canela by Paco De Lucia
May You Never by John Martyn
Ruby Tuesday by Rolling Stones
Crazy (Acoustic) by Seal
Two Skaters by Nits
Black Star by Radiohead
Back To Black by Amy Winehouse
Greeneyed Lady by Sugarloaf
No Matter What You're Told by Broken Bells
I Wanna Be Like You by Los Lobos

12月2日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、いつもと違うタイプの曲が聞きたくなって「Radio Paradise」を聴いていました。
昨夜は意外にもメジャーどころが多かったのですが、このインターネットラジオステーションの雰囲気を崩さない選曲がされていると思いました。

ここはいつもながら耳に心地良くない音がなくて、聞いていると和んできます。
ビールやワインでゆるくなった感覚にはちょうどいい感じ。
やっぱり今夜も聞いているかも。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Disarm by The Smashing Pumpkins
Into The Mystic by Van Morrison
Lovers Dream by Anna Ternheim
Thinking About Tomorrow by Beth Orton
What's Going On by Marvin Gaye
Under Pressure (w/ Queen) by David Bowie
When the Spell Is Broken by Bonnie Raitt
Put A Lid On It by Squirrel Nut Zippers
Camerado by Mark Knopfler

12月1日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、まず「181.FM - 70's」でスタートしました。
相変わらず、王道の70年代ロックがストリーミングされました

しばらく聞いたところで、ちょっと雰囲気を変えたくなり、ロックのライブ音源をストリーミングしているインターネットラジオステーションANTENNE BAYERN Classic Rock Liveに変更。

しばらく聞いていると、またおなじみのBruce Springsteenが登場したので、「Inside Jazz - Contemporary」に移動。

ということで、昨夜はそれぞれのジャンルで安心して聴くことのできるインターネットラジオおステーションを3箇所ハシゴ。
それぞれ違った音が楽しめました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Fathers Day by Kevyn Lettau
Like an Ocean Breeze by Don Randi & Quest
Song 5 by Jimmy Reid
<----------ANTENNE BAYERN Classic Rock Live---------->
Dancing in the dark (live) by Bruce Springsteen
Handle with care (live) by Tom Petty And The Heartbreakers
No son of mine (live) by Genesis
Still got the blues (live) by Gary Moore
Sunday, bloody sunday (live) by U2
Back to you (live) by Bryan Adams
<----------ANTENNE BAYERN Classic Rock Live---------->
Smiling Faces Sometimes by The Undisputed Truth
Wonderful Tonight (Raido Edit) by Eric Clapton
How Long by Ace
Hello It's Me (Album Version) by Todd Rundgren
Don't Go Breaking My Heart by Elton John & Kiki Dee
Boogie Shoes by KC & The Sunshine Band
Listen To The Music by Doobie Brothers
It's Only Rock 'N Roll (But I Like It)! by Rolling Stones
Stay (Radio Version) by Jackson Browne
Jackie Blue by Ozark Mountain Daredevils
Teach Your Children Well by Crosby, Stills & Nash
<----------181.FM - 70's---------->

11月30日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、たまには王道の70年代モノはどうよ、ってことで「181.FM - 70's」を聴いていました。
なんというか、ここは王道ではあるけどいい曲が選ばれていると思うし、ジャンルもハズすことがないので、安心して聴くことができます。

Carsは日本ではそれほど人気があるとは思えないけど、あちこちでよくストリーミングされているところを見るとやっぱり人気があるんでしょう。

妻はエルトン・ジョンとビリー・ジョエルのボーカルが似ていて区別できない、と言います。
確かにメロディーも歌い方も似たところがあるよう感じるし、両者を連続して聞くとはっきりと違うのですが、別々に聞くと似ていると思います。
私的には、ビリー・ジョエルは曲が盛り上がる部分でサックスのソロが入る確率が高いように思うのは気のせいでしょうか?

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

For The Love Of Money by O'Jays
Night Fever by Bee Gees
Dream On by Aerosmith
Everybody Plays The Fool by The Main Ingredient
Killer Queen by Queen
Sad Eyes by Robert John
Rikki Don't Lose That Number by Steely Dan
Hotel California by Eagles
Someone Saved My Life Tonight by Elton John
Brandy (You're A Fine Girl) by Looking Glass
MIdnight Blue by Melissa Manchester
Get Down Tonight (Short Version) by KC & The Sunshine Band
Evil Ways by Santana
Feel Like Makin' Love by Roberta Flack
My Best Friend's Girl by Cars

11月29日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、前夜知らない曲ばかりストリーングされて疲れたので、安心して楽しめる「Inside Jazz - Contemporary」を聴いていました。

かろうじて名前を知っているのはKevyn Lettauくらいで、知らないミュージシャンのライブがストリーミングされてくるのですが、不思議なことにジャズなら知らない曲ばかりでも全然疲れないで楽しむことができます。

やっぱりゆっくり食事と楽しむならジャズが一番かもしれません。
ロック系でももちろん楽しめるのですが、少なくともゆっくりとはならず、行儀の悪い食事風景になってしまいます。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Jive Samba by Jack Costanzo
Song 14 by Sandro Albert
Song 6 by Don Randi & Quest
My Shining Hour by Roberta Gambarini
Song 2 by Jack Costanzo
Flor Geleece by Gretchen Parlato
Comes Love by Jonathan Stout Orchestra
Language of Flowers by Kevyn Lettau

11月28日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、まずライブ音源がストリーミングされる「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」からスタート。
メジャーどころのライブが続きBruce SpringsteenのBorn in the U.S.A.が登場したところで、また出たか、という感じで他のインターネットラジオステーションを検索。

多分初めての「2006 Flashback by Iheartradio」というのを選んでみました。
2006年なんてついこの間と思ってたら、もう8年も前。
この頃の曲というのはほとんどまともに聞いたことがないので、知らない曲ばかりで面白いけど、それほど好きな系統の曲でもなく本当にBGMといった感じでした。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Song 14 by Don Randi & Quest
Feeling Lowdown by Andy Bey
Imagine How by Gretchen Parlato
Blackbird by Kathleen Grace
Chick Pea by Daniel Glass Quartet
Burn It Up by Saliva
Amphetamine by Everclear
Goin' Down by Three Days Grace
Mudshovel [Amended Version] by Staind
<----------2006 Flashback by Iheartradio---------->
Born in the U.S.A. (live) by Bruce Springsteen
Wish you were here (live) by Pink Floyd
Smoke on the water (live) by Deep Purple
Jumpin' Jack flash (live) by Rolling Stones
You shook me all night long (live) by AC/DC
Private dancer (live) by Tina Turner
<----------ANTENNE BAYERN Classic Rock Live---------->

11月27日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、引続き「DistFm 100% Rock」というインターネットラジオステーションを選択。
基本的にはハード&メタルがメインにストリーミングされている模様。

昨夜ストリーミングされた曲の中では、Deep PurpleのChasing Shadowsが楽しめました。
ロッド・エバンスがいたパープルの最後のアルバムのようですが、この頃はオルガンがメインでいかにも1960年代後半のバンドといった感じ。
この時期の曲を聞くと、ジャズ、R&B、クラシックとジョン・ロードの幅広い音楽のセンスが光っていて私は好きです。

あれこれ聞いているうちにストリーミングされた曲を聞いて思わず「いかにもなハードロックだなぁ」とボソッと言ったら妻が好きなホワイト・スネイクだった。(^^;

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Inside of Me by Degreed
Psychedelic Eyes by Electric Boys
Stars by Sixx A.M.
Chasing Shadows by Deep Purple
Overcome by Live
Down in Flames by Judas Priest
Best Years by Whitesnake
Harmony by Bonafide
Does it Feel Like Love by In Faith
Chain of Fools by Little Caesar
Move Your Body by My Darkest Days
Third Day of a Seven Day Binge by Marilyn Manson
Who Needs A Broken Heart by Tone Norum
Suckerpunch! by Adriangale
Dying Heroes by Mother Misery
Where Did The Angels Go by Papa Roach
Ballroom Blitz by Krokus

11月26日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、「Radio Rolling Stones Italia」を聴くつもりだったのですが、サーバーがダウンしていたのか接続できませんでした。
今までにも、結構気に入っていたインターネットラジオステーションが突然接続できなくなり、それっきりというパターンはありました。(ちなみに今試したら接続出来ました。)

昨夜はしょうがないので、新規インターネットラジオステーションを開拓すべく検索結果から「DistFm 100% Rock」というインターネットラジオステーションを選択。
名称からはどんな曲がストリーミングされるのか分からず、とりあえず聞いてみました。

ハードロックからAORからMarilyn Mansonまで、割と脈絡のない選曲。
夕食のBGMとしては、こういった何が流れてくるかわからない、というのは楽しめると思うので、とりあえず今夜も試してみるつもりです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Third Day Of A Seven Day Binge by Marilyn Manson
How Do You Sleep at Night? by Work of Art
How Long by Phenomena
Lay Down the Law by Keel
Does it Feel Like Love by In Faith
Walking in the Shadow of the Blues by Whitesnake
Sober Serenade by Flyleaf

11月25日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、久しぶりに「Radio Rolling Stones Italia」。
今までに何度か聞いているインターネットラジオステーションですが、2、3人でしゃべっていてい音楽がストリーミングされていない日もあって、何となく聞かなくなっていましたが、昨夜はちゃんと曲が流れれていました。

名前通り、ストーンズを中心にブルースやレゲエがストリーミングされるのですが、どこか統一感が感じられ和むインターネットラジオステーションです、
これであのチャット部分がなければ問題なく使えるのですが……
試しに今夜も聞いてみましょうか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Clouds In My Heart by Muddy Waters & The Rolling Stones
Overnight Bag by Rory Gallagher
Once There Was A Time by Ten Years After
Street Life by Roxy Music
She's My Scorcher by Toots & The Maytals
Concrete Jungle by Bob Marley & The Wailers
Brown Sugar by Rolling Stones
Let Your Daddy Ride by John Lee Hooker
Mary Queen of Arkansas by Bruce Springsteen

11月24日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、たまにはクラシックを聞きたいというかオーケストラの音が聞きたくなり、とはいってもそれほど詳しいわけでもないので、カラヤン指揮ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」をYoutubeで聞いていました。

音源が音源なので音はそれほどいいわけではいのですが、久しぶりに交響曲を聞くと圧倒的なダイナミックレンジの広さに驚き圧倒されます。
ピアニッシモからフォルテまでの音量差はどれくらいあるのでしょうか。
久しぶりにまっとうに聞いたオーケストラの音も新鮮で、これからも時々クラシックの夕食BGMもありかな。

「新世界より」が終わった後は「RadioIO: Progressive Rock」を聴いていましたが、上下の音量をバッサリカットした抑揚のない音楽に聞こえるから不思議です。
日常的に交響曲などを聞いていると、ロックは抑揚のない一本調子な音楽に聞こえるのかもしれません。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

The Endless Enigma by Emerson Lake And Palmer
Back On The Streets LIVE by Hawkwind
Killer by Van Der Graaf Generator
Terminal Eyes by Al Stewart

11月23日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、引続き「BeRock Online Radio: The Most Melodic Place」にしました。
相変わらず、B級なハードロック、メタルがストリーミングされるのですが、中には録音自体もチープなものがあったり、いくら何でもそのボーカルはないだろうというくらいショボかったりで、私はそれなりに笑いながらでも聞けるんですが、メタラーな妻は遂に「ぜ~んぜ~ん面白くない!」とキレましたので、今日で終わりになるでしょう。

音楽の楽しみ方はいろいろだとつくづく思いました。
私の耳というか感性は全くタガが外れてしまってユルユルなので、こういうジャンルでも楽しめるんですが……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

More More More by Return
Don't Give Up by Radioactive
Two Strong Arms by Peo
Sandy by Douglas
Cool Starry Night by Reason
The Winter's Night by Steelrush
Falling So Deep by Metal Scent

11月22日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、新しいインターネットラジオステーションをあれこれ探して「BeRock Online Radio: The Most Melodic Place」というのを見つけました。
ステーション名だけだと、何となくポップな系統の音がストリーミングされそうですが、実際に聞いてみるとこれが王道のB級ハード・ロック、メタル路線。

名前も音も知っているバンドはMr. Bigくらいで、Smokieはかろうじて名前だけ知っています。
どこかで聞いた感のあるメロディー、リフからは、80年代ものが多い印象ですが、Youtubeで検索しても、ライブ映像はなく僅かなプロモーション映像があるのみ、というバンドもあります。

我が家の夕食のBGMにはピッタリのインターネットラジオステーションだと思いますので、今夜もBeRock Online Radio: The Most Melodic Place」でいってみたいと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Cherry Red by Sideburn
Next Time Around (Studio Version) by Mr. Big
SOS by Robby Valentine
If You Think You Know How To Love Me by Smokie
Frozen Heart by Me And The Rest
Where In Somewhere by Gasoline Stars
Jacky by Heaven's Edge
Strongman by Humbucker
Man In The Iron Mask by Heartland

11月21日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは安心して聴くことができる「Radio Paradise」です。
最初からLTEなので、快適です。

相変わらず、私にとっては絶妙な選曲となっています。
余り聞かないジャンルや聞きなれない曲ばっかりだと疲れてしまいますが、いいタイミングで登場するLed ZeppelinやThe Beatlesがアクセントになっています。

そんななかでTalking Headsは色んなジャンルのインターネットラジオステーションに横断的に登場することが多い気がします。

相変わらず落ち着いた調子のDJにも和みます。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Smoke and Mirrors by RJD2
Being For The Benefit Of Mr. Kite by The Beatles
Birds and Stars by Elephant Revival
Crosseyed And Painless by Talking Heads
Hit The Ground by Lizz Wright
Sweetest Kill by Broken Social Scene
Newness by Blackstratblues
Secret Alphabets by Kasabian
My Beat by Bruce Cockburn
The Facts About Jimmy by Shawn Colvin
The Rain Song by Led Zeppelin
Winter Trees by The Staves

11月20日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMはプログレもちょっと飽きたし、でも、ストリーミング比率の高いヒット曲集でないものが聞きたい、とくれば「Radio Paradise」です。

ここはジャンル的には何でしょう、昨夜はCrosby Stills Nash & Youngがストリーミングされていましたが、ジャンルに疎いこともあってよく分かりません。
オルタナティブ? インディー?

何となく違うような気がするけど、まあ、とにかくここを選んでおけば、普段自分では聞かないような音で嫌ではないものを聴くことができるのは間違いありません。
本来はメタラーの妻もここは知らないジャンルの曲が流れ、しかも嫌な音ではないということで楽しめているようです。

曲数が少ないのは例によってWi-Fiの状態が悪く、途中でLTEに変更しても、時々ストリームが途切れたりしたからです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Bwambwa (feat. Ete) by Baka Beyond
Country Girl by Crosby Stills Nash & Young
Lost In The Dream by The War On Drugs
Bloodbuzz Ohio by The National
Houses In Motion by Talking Heads
You're Gonna Leave by Stephen Marley

11月19日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引き続き、プログレの「RadioIO:Progressive Rock」でした。
最初にストリーミングされてきたのは、イエスのリック・ウェイクマンが在籍したこともあるストローブスの曲です。

Jeff Beckが登場し、私としては全く問題ないのですが、プログレをストリーミングしているというインターネットラジオステーションの選曲としてはどうよ、って感じです。
まあ、私はジャンルにこだわりがないので、初めて聞くバンドもいくつかあって、楽しめました。

この頃のForeignerは、いかにもブリティッシュ・ロックな湿っぽさがあって、私は好きです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Asylum by Supertramp
The Dreamer by Baker Gurvitz Army
I Wouldn't Want To Be Like You by The Alan Parsons Project
Manillo” by Man
Flaming Telepaths-Astronomy by Blue Oyster Cult
The Modern Alchemist by Blodwyn Pig
Freeway Jam by Jeff Beck
Broken Nose by Family
Starrider” by Foreigner
Soft Ground by Mott The Hoople
Edward by Nicky Hopkins
Madeline by Bloomsbury People
Part Of The Union by Strawbs

11月18日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、プログレの「RadioIO:Progressive Rock」でした。
このインターネットラジオステーションはそれほど聴いていないので、まだまだ新鮮です。
最初にストリーミングされてきたのは、ドアーズのキーボード故レイ・マンザレクの曲です。
プログレの定義は様々でしょうが、曲自体は好きなタイプですが私にはプログレに聞こえません。

その後も、Robin Trower、Patti Smith、Thunderclap Newmanと続き、違うインターネットラジオステーションをタップしたのかと思い、画面を確認しましたが、ちゃんと「RadioIO:Progressive Rock」がストリーミングされています。

と思ったら、いきなりAmon Duul 2が、(^^;
この後も、??な曲が登場しつつも全体的にはプログレな展開。
ソースが不足しているのか、プログレの解釈の違いなのかは分かりませんが、夕食のBGMとしてはプログレ一色で通すより聴きやすいラインナップになってはいます。

妻は、Amon Duul 2、Gentle Giant、Van Der Graaf Generator辺りはかなり微妙な反応だったので、しばらくは他のステーションを選択する必要があるかも……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Can't Find My Way Home by Blind Faith
Acres Wild by Jethro Tull
My Song by Moody Blues
Pioneers Over C by Van Der Graaf Generator
Working All Day by Gentle Giant
Fearless by Pink Floyd
Cast Your Spell Uranus by Argent
Sinful Love by Blue Oyster Cult
I Wonder by Mahavishnu Orchestra
Fireball by Deep Purple
Archangels Thunderbird by Amon Duul 2
Too Rolling Stoned by Robin Trower
Till Victory by Patti Smith
Something In The Air by Thunderclap Newman
Bummer In The Summer by Love
Whirling Dervish by Ray Manzarek

11月17日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引続き「KMeat - Free Form Rock」でスタートしました。
で、ストリーミングされてきたのがカーリー・サイモン。
またこのパターンか、ということで思い切ってジャンルを変えて、プログレの「RadioIO:Progressive Rock」にしました。

Brand X、Gentle Giantなどの王道プログレに混ざってStyxがストリーミングされていましたが、これがいかにもなプログレ風の長い曲で意外でした。
Mountainはどうよ、というのもありますが、全体的には色んなタイプのプログレがストリーミングされ私は楽しめました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Love Is A Sleeper by Family
For Yasgur's Farm by Mountain
Man On Box by Audience
Down By The Sea by Strawbs
One More Time To Live by Moody Blues
Free Hand by Gentle Giant
Young Man by Styx
Euthanasia Waltz by Brand X
Me and My Woman by Roy Harper
Sitting At The Wheel by Moody Blues
Stay In Time by Off Broadway
Bridge Of Sighs by Robin Trower
Anticipation by Carly Simon

11月16日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMも「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」でスタートしました。
ところが、いつもストリーミングされているミュージシャンの曲がが続く感じで、ちょっと飽きたかな。

ということで、「KMeat - Free Form Rock」に変更。
狙ったとおり、それまでとは傾向の違った系統でジャンルも様々な音楽が流れてきます。
聴いていて面白みがないというか刺激が少ないのは、馴染みのある曲やミュージシャンがメインだからでしょうか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Anticipation by Carly Simon
You Keep Me Hangin On by Kim Wilde
The End of the Innocence by Don Henley
Dance Hall Days by Wang Chung
Black Cow by Steely Dan
Can't Get It Out Of My Head by Electric Light Orchestra
Hot Love, Cold World by Bob Welch
Vogue by Madonna
Daniel by Elton John
Walking In LA by Missing Persons
Stand Tall by Burton Cummings
Bridge Over Troubled Water by Simon and Garfunkel
<----------KMeat - Free Form Rock---------->
Dancing in the dark (live) by Bruce Springsteen
Nutbush City Limits (live) by Tina Turner

11月15日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMはここのところよく聞いている。ロックのライブ音源をストリーミングしているドイツの「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」でした。
ストリーミングされている曲を聞いていると、さすがにライブ音源はそれほど多くないのか、同じミュージシャンが度々登場します。
ライブアルバムから少しずつストリーミングしているのでしょうか。

時々、曲目などが表示されない場合があり、その時はSound Houndに聞かせてデータをツイートするようにしていますが、ライブ音源はオリジナルのスタジオバンとはアレンジが異なったりすることも多いせいか、ヒットした曲でもデータが見つからないことも時々あったりで、紹介する曲数が少なくなることがあります。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

A whiter shade of pale (live) by Procol Harum
It's My Life - Toronto by Bon Jovi
Hotel California (live) by Eagles
Why can't this be love (live) by Van Halen
Dancing in the dark (live) by Bruce Springsteen
If this is it (live) by Huey Lewis & The News
Back in black (live) by AC/DC

11月14日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引続き。ロックのライブ音源をストリーミングしているドイツの「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」を聴いていました。
さすがに、所有ライブ音源には限りがあるのか、人気があるのか昨夜もBryan Adamsがストリーミングされていました。

TOTOのRosannaは、多分Falling In Betweenツアーの時のライブ盤だと思います。
この時のライブは見ましたが、割とまじめな(^^; ライブでしたが、おもしろさはいまひとつ。
改めてストリーミングされた曲のリストを見てもジャンルも恐らく年代もバラバラで、夕食のBGMとしては中々楽しめるインターネットラジオステーションだと思いまs.
多分今夜の夕食BGMも「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」です。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Taking a Chance on Love by Jane Monheit
Juke Box Hero / Whole Lotta Love by Foreigner
Jumpin' Jack flash (live) by Rolling Stones
Cryin' (live) by Aerosmith
Mr. Blue Sky (live) by Electric Light Orchestra
Cocain (live) by Eric Clapton
Desperado (live) by Eagles
Up around the bend (live) by John Fogerty
It's my life (live) by Bon Jovi
It's My Life - Toronto by Bon Jovi
Unchain my heart (live) by Joe Cocker
Mama (live) by Genesis
T.N.T. (live) by AC/DC
Born in the U.S.A. (live) by Bruce Springsteen
Let me roll it (live) by Paul McCartney
Rosanna (live) by Toto
The first cut is the deepest (live) by Rod Stewart
(Everything I do) I do it for you (live) by Bryan Adams

11月13日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは久しぶりに、ロックのライブ音源をストリーミングしているドイツの「ANTENNE BAYERN Classic Rock Live」を聴いていました。
ジャンルも年代もバラエティに富んだ曲が流れ、しかも全曲ライブで初めて聞く音源もあったりして楽しめます。

Bryan Adamsは二人共声は聞いたことがあっても、中々名前が出てこないで「ほら、あれよあれ」(^^; 状態でした。
こうして色々なバンドのライブ音源をまとめて聴いてみると、中にはちょっと気の毒な状態のものもあったりして、その時々のコンディションもあるでしょうし、ライブ音源はなかなか難しいものだと思います。
まあ、スタジオでの作業が少ない正直な音源とも言えますが。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Wind of Change by Scorpions
Cold As Ice by Foreigner
With or Without You [Live from Paris] by U2
Live And Let Die by Paul McCartney
Evil Woman by Electric Light Orchestra
Smoke On the Water by Deep Purple
No Son of Mine (Live In Amsterdam) by Genesis
Wonderful Tonight by Eric Clapton
WIsh You Were Here by Pink Floyd
Daddy's Little Pumpkin by The Missiles of October
Summer Of '69 by Bryan Adams
Have You Ever Seen the Rain? by John Fogerty
A Kind Of Magic [Live at Wembley '86] by Queen
One Of These Nights by Eagles
Can't Stand Losing You / Reggatta De Blanc by The Police

11月12日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMはジャズが聞きたかったので前の晩からの続きで「Inside Jazz - Contemporary」です。

相変わらず全曲ライブ音源です。
ジャズは好きなのですが、メジャーどころしか知りませんので、殆ど初めて聞くミュージシャンの演奏ですが、それぞれが新鮮で楽しめました。

昨夜ストリーミングされていた中では、唯一David Garfieldだけは知っています。
80年代にスティーブ・ルカサーとロス・ロボトミーズ(Los Lobotomys)というバンドをやっていたキーボード奏者ですね。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

New York Special by Max Bennett & Private Reserve
Song 17 by Big Time Operator
That Old Black Magic by Roberta Gambarini
Ela e Carioca by Gretchen Parlato
Dismemberment by David Garfield & the Cats
Maydod by Daniel Glass Quartet
Dark Eyes by Jonathan Stout Orchestra
Anthem by Bill Fulton

11月11日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは最近のお気に入り「Star104 - Hard Rock」です。
相変わらず色んなタイプのハードロック(?)がストリーミングされてきますが、妻にはLinkin Park、Skid Row辺りがウケていたようです。
Jane's Addictionは懐かしい、アルバム(残念ながら白ジャケット)も持ってます。

途中で他の音が聞きたくなりSkid Rowの途中で(^^; 「Inside Jazz - Contemporary」にチェンジ。
いつもと同じようにライブ音源のジャズでマッタリと。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Old Friends by Kathleen Grace
Song 1 by Don Randi & Quest
Sorry by Art of Dying
<---------Inside Jazz - Contemporary--------->
18 And Life by Skid Row
Live to Rise by Soundgarden
Been Caught Stealing by Jane's Addiction
Boss's Daughter by Pop Evil
War In Me by Hellyeah
The Kids Aren't Alright by The Offspring
BURN IT DOWN by Linkin Park
Bound For The Floor by Local H
Criticize by Adelitas Way
Begging For Mercy by Bullet For My Valentine
Paradise City (Album Version - by Guns N' Roses
Full Circle by Otherwise
<---------Star104 - Hard Rock--------->

11月10日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは最近のお気に入り「Star104 - Hard Rock」です。
この日はどちらかというと新しめ、今風のハードロックが多くストリーミングされていたように思います。

私の古い感覚では、ハードロックというより、デスやスクリーム(?)に近い感じのバンドの曲もあったように思いますが、今ではこういうタイプのバンドもハードロックというんでしょうか。

IncubusとかFear Factoryのようにバンド名くらいしか知らないアーティストの曲は興味深く聞きましたし、さすがGuns N' Rosesは演奏や音の構成が別格です。
また今夜も夕食BGMは「Star104 - Hard Rock」にしてみましょうか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Paradise City (Album Version - by Guns N' Roses
Man of Constant Sorrow by Charm City Devils
Recharger by Fear Factory
Even Flow (Album Version) by Pearl Jam
Coming Down by Five Finger Death Punch
Warning by Incubus
Freak Like Me by Halestorm
To The Pain by Nonpoint
Symphony Of Destruction (2004 Remaster) by Megadeth
Put Down The Drink by Emphatic
Band of Brothers by Hellyeah
Seven Seas Blues by Monster Truck
New Disease by Spineshank

11月9日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは最近のお気に入り「KMeat - Free Form Rock」です。
妻も言ってましたが、ここはジャンルも脈絡もない曲がストリーミングされていて、結構楽しめます。
しばらく聞いてみて、なるほどFree Form Rockという名称に納得しました。

妻はSammy Hagarのボーカルが流れた瞬間「あ、サミー・ヘイガーや」と、リズムに乗りながら食事の準備。
どういう基準での選曲か分かりませんがロックに限らず、色んなジャンルの曲が流れてきて、我が家の食事のBGM用には最適なパターンだと思います。
Gary Wrightは今聞くとギターのないハードロックで、リアルタイムで聴いていた当時とはまた違ったイメージでした。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Don't Stand So Close To Me '86 by Police
Gypsy by Fleetwood Mac
Here Comes Those Tears Again by Jackson Browne
Dirty Water by Inmates
Love Train by O'Jays
Kentucky Rain by Elvis Presley
If by Bread
Riverside by America
She's Waiting by Eric Clapton
Can't Get Loose by Sammy Hagar
Blind Feeling by Gary Wright
Empire by Queensryche

11月8日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMはどんな曲がストリーミングされているか、「ABC 70s」からスタート。
デビッド・ボウイが流れてきて、中々いい感じだと思ったら、聞きたかった曲のタイプよりポップな方向だったので、やっぱり「KMeat - Free Form Rock」にチェンジ。

昨夜はこちらのほうが色んなタイプのロックがストリーミングされて、いい感じでした。
妻は特に今度ライブにも行く予定らしいMotley CrueやRainbowの曲にノッてました。
今夜もここを聞いてみましょうか。
中々幅広いジャンルからの選曲で、ロックファンにはおすすめのインターネットラジオステーションです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Tall Cool One by Robert Plant
Ramble On by Led Zeppelin
Bad Love by Eric Clapton
Girls Got Rhythm by ACDC
Stone Cold by Rainbow
Imaginary Lover by Atlanta Rhythm Section
Girls Girls Girls by Motley Crue
Fearless by Pink Floyd
<----------KMeat - Free Form Rock----------->
Lost In France by Bonnie Tyler
Two Out Of Three Ain t Bad by Meat Loaf
We Don t Talk Anymore by Cliff Richard
When by Showaddywaddy
Life On Mars by David Bowie
<----------ABC 70s----------->

11月7日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは聞こうとしたわけではないけど、タップミスしたのか「ABC 70s」がストリーミングされていて、なんか思っていたのと違う雰囲気だなと思ってスマホを見て気づいたという。

ファミリーとか珍しい曲が聞けたので悪くはないし、If You Dont Know Me By Now by Harold Melvin & The Blue Notesが良かった。
この曲は、シンプリー・レッドのアルバムに入ってたけど、オリジナルのハロルド・メルビンのバージョンは全く別物で、こってりして迫力がある。
この人は何となくもっとソフトなイメージがあったけど。

しばらく聞いたところで、「KMeat - Free Form Rock」にチェンジ。
ストリーミングは、128Kbps 44.1KHz MP3で音質面は問題なし。
こちらは、Free Form Rockということでどんなものが聞けるかと思ったら、たしかにジャンル的にはバラエティに富んでるけど、王道な選曲。
結果としてはABC 70s」の方が選曲が良かったけど、64Kbps MP3というのが残念。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Everybody Wants You by Billy Squier
The Waiting by Tom Petty
Rectifier by RA
Magic Man by Heart
Red Barchetta by Rush
Glory Days by Bruce Springsteen
War Pigs by Black Sabbath
Original Fire by Audioslave
<----------KMeat - Free Form Rock----------->
Roadrunner by Johnaton Richman
Burlesque by Family
If You Dont Know Me By Now by Harold Melvin & The Blue Notes
Rocky Mountain Way by Joe Walsh
Montego Bay by Bobby Bloom
<----------ABC 70s----------->

11月6日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMはまず「181.fm - The Rock (Hard Rock!)」でスタート。
妻は「ここが一番好き」なんだそうですが、昨夜は何となくハードなロックに疲れてしまい、妻の意向は無視して、大顰蹙の「AORThen&Now」に移動。

予想通りつまらなそうだし、私もちょっと聴いただけで何となくつまらなく感じたので、サッサと「ABC 70s」へ移動。
ここの選曲は私は私はちょうどいいくらいだし、妻にも問題なさそうだし、やっと落ち着場所が見つかりました。

昨日は、AC/DCのPlay Ballがストリームされた、ということを書いていたら、なんとドラマーのフィル・ラッドが「男性2人の殺人を依頼」「自宅から覚せい剤押収」で逮捕!

殺人の依頼って、なんでまた新譜がリリース予定で、おそらく来年はツアーもある(既に8月来日かという噂も)中で、こんな時期に……
すぐに解雇して、新たなメンバーでそれこそプレイボールした方がいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Samba Pa Ti by Santana
The Pride by Five Finger Death Punch
Ain't It Fun by Guns N' Roses
Something For Nothing (Clean Edit) by Foo Fighters
<----------ABC 70s------------>
Road To Forever by Don Felder
It Keeps You Runnin' by The Doobie Brothers
Stop by Graham Goble
TargetSpot by Targetspot
<----------AORThen&Now------------>
Got The Life by Korn
I Am Machine by Three Days Grace
<----------181.fm - The Rock (Hard Rock!)------------>

11月5日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「181.fm - The Rock (Hard Rock!)」を聴いていました。
Pearl Jamは人気あるんでしょう、あちこちのロック系のインターネットラジオステーションではよくストリーミングされているような気がします。

Cultもアルバム1枚位は持っていたと思うんですが、こんなにいいバンドだっけ?
まあ、そのアルバムというのも「空耳アワー」に登場した曲で興味を持って買ったものなので、必ずしも評価の高いアルバムだったかどうか……

AC/DCのPlay Ball。
アルバムは12月1日ですね。
曲目もオフィシャルサイトで公開されています。
この曲を聞く限り、Black Iceよりシンプルで、やっぱりAC/DCはシンプルなリフ、スカスカの音につきます。
来年はツアーか?

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Satisfied by Aranda
Howl by Beware of Darkness
Play Ball by AC/DC
Moth by Hellyeah
Evenflow by Pearl Jam
The Hangman's Body Count by Volbeat
Hangman's Bodycount (Edit) by Volbeat
Wild Hearted Son (Album Version) by Cult

11月4日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「Inside Jazz - Contemporary」からスタート。
長めの曲が多くゆっくり楽しましたが、しばらく聞いていると昨夜は何となくロック系の音が欲しくなり、「181.fm - The Rock (Hard Rock!)」に変更。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。
Pearl Jamもこうして聴いてみると、いい音出していてやっぱり良いバンドだなと話しつつ次々ストリーミングされると、昨夜は知らないバンドの方が多く、楽しめました。
が、しばらく聞くと私がまたジャズを聞きたくなり、「Inside Jazz - Contemporary」に戻ったり。

こうして色んなジャンルの音が流れる夕食は、インターネットラジオあればこその楽しみ方です。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Mack the Knife by Big Time Operator
Song 15 by Don Randi & Quest
Little Girl Blue by Andy Bey
--------Inside Jazz - Contemporary---------
Live And Let Die by Guns N' Roses
Wrong Side Of Heaven by Five Finger Death Punch
Bodies by Drowning Pool
Hats Off To The Bull by Chevelle
American Bad Add (Clean Album Version) by Kid Rock
Daughter by Pearl Jam
Doc Holliday (Radio Edit) by Volbeat
--------181.fm - The Rock (Hard Rock!)---------
Song 11 by Sandro Albert
So What by Dave Liebman
Song 8 by Don Randi & Quest

11月3日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは「Inside Jazz - Contemporary」でした。
曲数が少ないのは長い曲が多かったからではなく、インターネットラジオを聴く前に、一昨日見た映画「LIFE!」のサウンドトラックをYouTube(ユーチューブ)で聴いていたからです。

この映画、今年見た中では一番良かったと思います。
最初の部分からは想像もできない展開と、主人公が変わっていく様が素晴らしく、見終わった後の余韻も楽しめました。

「Inside Jazz - Contemporary」は、ジャズのライブ音源が相変わらず和む、連休最後のちょっと寂しい感じのある夜にはぴったりでした。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Desert Hideaway by David Garfield & the Cats
Who's To Say by Paulette McWilliams

11月2日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは引続き90年代ものを聞こうと思い「Ashdown FM 90s Hits」というインターネットラジオステーションを聴いていました。
ストリーミングは、192Kbps、44KHz MP3という、ちょっと高めのビットレートです。
音はその分いいかというと、MP3では128KHz以上はそんなに差を感じません。
違いは抜けのいい音、というところでしょうか。

ストリーミングされていたのは、なるほど90年代の私も知っているメジャーどころもあります。
この時流れていた曲の中では、Everybody's Talkin'とWithout Youがニルソンがらみですね。
前者はオリジナルがFred Neil、後者がバッドフィンガー(Badfinger)です。
ニルソンのバージョンはどちらもオリジナル以上に繊細です。

途中、テクノっぽいというか私の苦手なタイプの曲がストリーミングされたのと、ちょっと聞き飽きていた頃だったので「Inside Jazz - Contemporary」に変更。
やっぱり落ち着きます。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Song 1 by Francisco Aguabella
------------------
If You Ever by East 17 Feat. Gabrielle
Without You by Mariah Carey
I Believe I Can Fly by R Kelly
I'm A Believer by Emf
River Of Dreams by Billy Joel
What A Girl Wants by Christina Aguilera
Everybody's Talkin' by Beautiful South
End Of The Road by Boyz Ii Men
------------------

11月1日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMBGMは「181.FM - Lite 90's」というインターネットラジオステーションを聴いていました。
いつもと違う傾向の音楽を聞きたくて、メニューの「ミュージック」から90年代を選択して、「181.FM - Lite 90's」をチョイスしたのですが、181.FM」は他にも多岐にわたるジャンルの音楽をストリーミングしているインターネットラジオステーションです。

ストリーミングされていたのは、なるほど90年代のメジャーどころの曲中心で、さすが「181.FM」というか、表示されたジャンルにピッタリの曲を聞くことができました。
私的には、この時代の音楽ははそれほど熱心に聴いていたということでもないので、ミュージシャンの名前に懐かしさは感じても、曲には得hに懐かしさは感じなく、割と新鮮に聴くことができました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Heartbreak Hotel (Radio Mix) by Whitney Houston
I'm the Only One by Melissa Etheridge
You Gotta Love Someone by Elton John
Back 2 Good (Radio Edit) by Matchbox Twenty
Sweat (A La La La Long) by Inner Circle
Everlasting Love (Single Version) by Gloria Estefan
Let's Make A Night To Remember by Bryan Adams
When Can I See You (LP Version) by Babyface

10月31日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMBGMは「AMPZ Adult」というインターネットラジオステーションを聴いていました。
「WMEZ」「WXPN」といった名前のところが多いですね。
Wi-Fiの接続状況は悪くないのですが、速度が安定しないというか、不安があったので、LTEでの使用です。

Green Day(グリーン・デイ)のように知っているものもありますが、知らないミュージシャンの曲中心のストリーミングで、たまにはこういうのも楽しいものです。
いくつかのミュージシャンを調べてみると、最近の曲が多いようです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Pretzel Logic by Steely Dan
Habits(Stay High)by Tove Lo
Brain Stew by Green Day
Burnin' It Down by Jason Aldean
All About That Bass by Meghan Trainor
Point 1 by Chevelle
Am I Wrong by Nico & Vinz
Steal My Girl by One Direction
Run With The Pack by Bad Company

10月30日のインターネットラジオ

昨夜は、またいつもどおりの夕食と、BGMには「WMEZ」を聞こうとしたのですが……
なぜか我が家のWi-Fiが非常につながりにくく、つながっても安定しないし、速度も遅いため、まともにストリーミングできません。

引っ越しをきっかけに初めて無線LANにしたのですが、安定して接続でき、速度も安定しているのはルーターが見通せる範囲内だけ、という感じです。
アンテナがたくさん付いているルーターなら、いろんなな場所でも安定しているのでしょうか?

有線LANなら、速度が安定しないということはなかったし、わざわざ安定しない無線LANを使う必要もないので、ルーターに付いているギガEthernetポートから家中にケーブルを巡らせようかという妄想も浮かんできます。
それとも、大人しく中継器を買っておけということなのか。
ちなみにLTEは容量超過で、128Kbps?になっていてこちらはもっとダメかも……
そんなわけで、昨夜は殆どインターネットラジオを聞けませんでした。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Call Me Maybe by Carly Rae Jepsen
Forever Young by Rod Stewart
Black Horse & the Cherry Tree by KT Tunstall

10月29日のインターネットラジオ

昨夜は、またいつもどおりの夕食と、BGMには「Radio Rolling Stones Italia」。
このインターネットスラジオテーションは私と妻2人が許容できる範囲の曲がストリーミングされます。
ジャンル的にもフルース系のものもあるしハードロック系もあるし、70年代ロックのテイストがあるのも、ちょうど2人の嗜好が重なりあう部分です。

このネットラジオステーションは構成があるようでないような感じ。
日によっては男性が2、3人で音楽談義(Rolling Stonesなどの単語で何となく)が続くかと思えば、昨夜のように音楽中心だったり、毎日同じ間隔で会話のパートがあるわけでもないみたい。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Rip This Joint by The Rolling Stones
Exile On Main St. by Nasty Habits 8
Burnin' Alive by AC/DC
South Side Of Soul Street by Johnny Adams
Love Thing by Tina Turner
We're Not Gonna Take It by The Who
Easy Livin' by Uriah Heep
Some Other Day by John Mayall
Tumbling Dice by Diesel Park West
Easy Does It by Coverdale Page

10月28日のインターネットラジオ

昨夜は、遅い夕食になったので、サッと食べて片付けとなり、殆ど夕食BGMはありませんでした。
まあ、こういう夜もあります。
短い時間の食事でしたが、音楽があれば音楽ネタをきっかけに会話が進みますが、たまに音楽のない、少ない日はまた違った話題になるで、たまにはいいものです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Impossible Germany by Wilco
This Must Be The Place (Naive Melody) by Talking Heads

10月27日のインターネットラジオ

昨夜も、「WXPN - Icecast MP3 High」を聴いていました。
この日は、今までとはまた傾向の違う曲がストリーミングされていて、主に
シンガーソングライター系やインディー系かそれに近い感じの曲がメインのようでした。
毎回、選曲者が違っているのではないかと思われますが、聞く側としては傾向のない選曲は歓迎です。

しばらく聞いていると、このインターネットラジオステーションの構成は、DJが曲の簡単な紹介をしてから、ストリーミングが始まり、その後ニュースや天気予報を挟んで、DJが登場、という流れになっているのではないかということがおぼろげに分かりました。

昨夜の選曲はいまひとつ私にはヒットしなかった(地味過ぎた)ので、途中から「Radio Rolling Stones Italia」再チャレンジすると、昨夜はちゃんと曲が流れ来ました。(最後の2曲)

やはり、「WXPN - Icecast MP3 High」は曲のタイトル、アーティスト名の表示が遅れることがあり、短い曲だと表示が変わらないうちに終わってしまい、次の曲はなぜかすぐに表示される、というようなことがあり、Sound Houndに曲を聞かせて、タイトル、アーティスト名を取得していました。

ちなみに、XiiliveとSound Houndからのツイートではフォーマットが違うために、今使っているjgawkのスクリプトでは、曲名とアーティスト名がうまくログから抽出されません。(Sound Houndからのツイートは無視される)
手動ではやはり面倒なのでちょっと書換えたら、両方のフォーマットが混在したツイートからでも抽出できるようになりました。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

100,000 Years by Kiss
Green Onions by Blues Brothers
All I Want [Remix] by Toad the Wet Sprocket
Do You by Spoon
Mr. Jones by Counting Crows
Afterlife by
Home (Leave The Lights On) by Field Report

10月26日のインターネットラジオ

昨夜は、予定どおり「WXPN - Icecast MP3 High」を聴いていました。
バファリングが終わり最初にストリーミングされてきたのは、レナード・コーエン(Leonard Cohen)、いきなりシブいです。
この人の曲は、ジェニファー・ウォーンズでフェイマス・ブルー・レインコートを聞き、ジェフ・バックリーでハレルヤを聞き、ミュージシャンとしては日本ではそれほど知名度は高くないのかもしれませんが、良い曲を書く人です。

The Haden TripletsはDJ氏の話から、パット・メセニー(Pat Metheny)とも共演歴のあるチャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)の娘3人のグループなんですね。
YouTubeで映像を見ることができますが、なんとも懐かしいゆったりとしたアメリカンフォークという感じでしょうか?

私がなにかタップした時に間違ったのか、Radio Paradiseからの1曲がストリーミングされた後、また「WXPN - Icecast MP3 High」に戻っています。
割と頻繁にDJが入りますが、曲名と簡単な説明だけのようでそれほど気になりません。
Buena Vista Social Clubなどなかなか面白い選曲なので、しばらくハマりそうです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

When the Ship Comes In by Bob Dylan
Witches by Cowboy Junkies
Y Tu Que Has Hecho by Buena Vista Social Club
Lonesome Night by The Haden Triplets
Dawn Chorus by Beth Orton
The Curse by Agnes Obel
Two Skaters by Nits
Bad Magic by Weyes Blood
You Got Me Singing by Leonard Cohen

10月25日のインターネットラジオ

昨夜は、予定どおり「WXPN - Icecast MP3 High」というインターネットラジのステーションを聴いていました。
昨夜ストリーミングされていたのは、中々バラエティ豊かで、いきなりChet Baker。
この季節、この人のボーカルはピッタリです。

一昨夜同様に、実際にはもっとたくさん聞いたのですが、何故か曲名、アーティスト名が遅れて表示されたり、表示されなかったりで、しょうがないので妻のスマホのSound Houndという、曲を聞かせるとタイトルやアーティスト名を検索して、ツイートもできるアプリを使っていたせいです。

今夜もここ「WXPN - Icecast MP3 High」を聞いていましょうか。
中々傾向が見えないので、しばらくは楽しめるかも?
そういえば、「Atlantic Sound Factory」も久しぶりに聞いてみたい。
あの訥々と話すDJは時々聞きたくなります。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

Westlin\' Winds by Garnet Rogers
I've Got You (I Feel Good) by Victoria Blythe
Where the Road Leads to Nowhere by Roger Eno
Ashokan Farewell by Rebecca Kauffman
Sweetest Kisses by Liz Mitchell
'Tis Autumn by Chet Baker

10月24日のインターネットラジオ

昨夜は、まず最初に昨夜の「Radio Rolling Stones Italia」に再チャレンジです……
が、やはり延々とトークが続き、曲がストリーミングされません。
これではつまらないので、「WXPN - Icecast MP3 High」というインターネットラジをステーションを選択。
ここは、Public radio from the University of Pennsylvaniaということで、大学内のインターネットラジオということでしょうか。

ストリーミングされていたのは、いかにもアメリカンロックといったものがメインでした。
実際にはもっとたくさん聞いたのですが曲が少ないのは、何故か曲名、アーティスト名が遅れて表示されたり、表示されなかったりで、しょうがないので妻のスマホのSound Houndという、曲を聞かせるとタイトルやアーティスト名を検索して、ツイートもできるアプリを使っていたせいです。

妻にとっては、Grateful Dead? Johnny Cash? といった感じで、余り楽しめなかったようですが、私は珍しい曲がが聞けて結構楽しかった。
今夜再チャレンジしてみましょう。


ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

Box Of Rain by Grateful Dead
Hurt by Johnny Cash
In Memory Of Elizabeth Reed by The Allman Brothers
Wagon Wheel by Old Crow Medicine Show
Gli Stones nel Cinema by Nasty Habits 7

10月23日のインターネットラジオ

昨夜は、妻はドリーム・シアター(Dream Theater)のライブを見に行ったついでに実家の家族と食事をするというので、一人で夕食そしてBGMとなりました。

早めに選局しておいたのでスムーズに聞き始まることができました。
まずは「Radio Rolling Stones Italia」というインターネットラジオステーションからスタートです。
本家ストーンズを含む王道な選曲です。

Ron Woodのソロは他では余りストリーミングされていないような。
Gov't Muleも珍しいですね、良いバンドで、最新アルバムは中々聴き応えがありましたが、日本での人気、知名度は今ひとつなのかな?
このステーションはDJが全く入らず、気持よく聞けていたのですが、Nasty Habits 7のGli Stones nel Cinemaが終わったところから急に男性3人(?)のトークが始まり、しかもイタリア語なので、全く内容がわからずギブアップ、「WXPN」に変更しました。

こちらは、CSNやロッド・スチュワートのおなじみの曲がストリーミングされましたが、Richard Thompson & Teddy Thompsonは珍しいかも?
珍しいというか、Richard & Linda Thompsonは知ってるけど、こちらは初めてです。
ググってみると、Richard & Lindaの息子なんですね。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

Persuasion by Richard Thompson & Teddy Thompson
Maggie May by Rod Stewart
Carry On by Crosby Stills Nash & Young
Gli Stones nel Cinema by Nasty Habits 7
Worse Than Detroit by Robert Plant
Lay Of The Sunflower by Gov't Mule
Hanging Round' by Lou Reed
Pass It On (Straight Ahead) by Jimi Hendrix
Brown Sugar by Rolling Stones
Born Under A Bad Sign by Albert King
Witchy Woman by Eagles
Ain't Going Down by Eric Clapton
Leaving Here by Ron Wood
Everyday I Have The Blues by B.B. King
Evil Woman by Canned Heat

10月22日のインターネットラジオ

昨夜は、予定どおり妻がドリーム・シアター(Dream Theater)のライブを見に行ったので、一人で夕食そしてBGMです。
そのドリーム・シアター(Dream Theater)ですが、休憩を挟んで3時間近くのライブで、ポップな部分を払拭したハードなプログレが続き大満足のライブだったようです。

大抵こういう時は、妻が一緒だと(拒否されて)中々聞けないコテコテのAORなんかを聴くことが多いのですが、昨夜はなんとなくいいステーションが見つからず、あちこちウロウロしていて、一体どこを聴いていたのか分からなくなりました。

一人で食事の準備をして、さくっと食べたので、いつもより食事にかかる時間が短かったというのもあり、まあ、そんなものかな。
今夜は、もうちょっと楽しめるステーションを選択したいものです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

Holding on... to Letting Go by Black Stone Cherry
Demerital Action by Devil's Heaven
Crush by Paige, Jennifer
What Goes Around Comes Around by Justin Timberlake
SEMI-CHARMED LIFE by THIRD BLIND EYE
Unwritten by Natasha Bedingfield
Shake It Off by Taylor Swift

10月21日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、今日妻がドリーム・シアター(Dream Theater)のライブを見に行くということで、ストリーミングされているか検索してみると、3箇所くらいのステーションが引っかかりました。
さすがメジャーどころはどこかがストリーミングしているものです。
次々に曲が変わっていき唯一残った「Space Coast Metal」を選択。
昨夜もWi-Fiは電波の届きが悪く、LTEで接続。

いろんなタイプのメタルが次々流れてきますが、中には私的にはメタルとは思えないタイプのバンドもあって、ジャンルの捉え方は様々だなと、
そんな中でDeath Angelが流れると、妻曰く「さいたまアリーナのラウドパークを見た音楽仲間によるとすごく良かったらしい。以前ライブを見たけどよかった。」とのこと。
アーチ・エネミー(Arch Enemy)のライブも行ったことがあるし、メタルは決して嫌いなジャンルではないんですが、私にはそれほどヒットしなかったかな。

そうこうして聞いていると、突然アニマルズ(The Animals)Boom Boom (1966)が!
いくら捉え方の違いといっても、これはメタルじゃないでしょ。(^^;
次のArising by Thyrfingを聞いたところで私が聞き飽きて「ANTEN THUERINGEN」「KZLB-FM」と聴いていたのですが、不思議なものでメタルからベタベタの70年代ロックに変わると何となく物足りないような……
いったい私は何を聞けば満足できるのか、時々分からなくなります。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

THE HEART OF ROCK - ROLL by HUEY LEWIS
LEAVING ON A JET PLANE by JOHN DENVER
I Drink Alone by George Thorogood
Arising by Thyrfing
Boom Boom (1966) by The Animals
Watch Your Words by Alter Bridge
In The Navy (Village People Cover) by Alestorm
Let Me Go [Remaster] by 3 Doors Down
Last Caress Green Hell by Metallica
Gimme Gimme Gimme by Black Flag
Road Mutants by Death Angel
Why Don't You Get a Job by The Offspring
So Far Away by Stabbing Westward
Where I Stand by Allison Red
Swords Of Doom by Doomsword
Not What You Need by Devilstrip
The Shattered Fortress by Dream Theater

10月20日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、何を聞こうかと迷いつつ、とりあえずAdult Contemporaryから「WSWT-FM」というインターネットラジオステーションを選択。
流れてきたのは、NE-YOのLET ME LOVE YOU。
名前だけは知っているものの音を聞くのは初めてかも?

う~、今風の音ではあるけど、なんかピンと来ない。
ググってみると、ニーヨは「アーカンソー州出身のR&Bシンガーソングライター」だそうです。
そうか、今はこういうのをR&Bというんだ、と納得して、次のインターネットステーションへ。(^^;

じゃあ、80年代の曲はどうだ、ということでまたまたXiiLiveのミュージックタブから、「Full 80's Radio」をタップ。
ポール・ヤング、この曲はフレットレスベースの音が気持ちいいですね、オリジナルのホール&オーツの方がちょっとだけ渋めか。
で、ビリー・アイドルを聞いたところで、何となく求めていた雰囲気と違う気がして、「Inside Jazz - Contemporary」に落ち着きました。

80年代ポップスも当時それなりに聞いたから嫌いではないけど、昨夜の気分は結局ジャズだったということでしょう。
音質もいいし、相変わらずライブ音源がストリーミングされていて、落ち着く。

それにしても、昨夜はWi-Fiがつながりにくく、LTEはいつものようにつながらずで、通信環境が非常に悪かったせいで、聞けた曲数も少なくちょっと残念。
なにより、食事中にあちこちステーションを探したり、ネットワークの操作をしていると落ち着かず、もっと残念。
やっぱりW-Fi中継器が必要なのかも……

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

In Your Own Sweet Way by Estrada Brothers
Song 12 by 3 Prime
Chisle Dizzle by Bill Fulton
Song 15 by Don Randi & Quest
Hot In The City by Billy Idol
Everytime You Go Away by Paul Young
LET ME LOVE YOU by NE-YO

10月19日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、ブルースが聞けるインターネットラジオステーションを求めて、Xiiliveの「ミュージック」タブ中のBLUESのジャンルで探しました。
そしてストレートに「blues」というステーションを選びました。

いきなり、Maria Muldaurが。
懐かしいけど、純粋なブルースってわけでもないなぁ、と思って聞いていくと
Kim Simmondsが。
どっかで聞いたことがある名前だぞ、と思って記憶をたどると、サヴォイ・ブラウンのギタリストだということを思い出しました。
う~ん、いい曲だけど今夜聞きたかったのはもうちょっと濃い目のブルースなんだよなぁ。

と思っていたら、Lightnin'Hopkinsが。
これこれ、こういうのが聞きたかったですよ。
ということで、しばらく聴いていると濃いの薄いの取り混ぜて、ブルースでまとまったステーション、悪くはありません。

ストリーミングは、64Kbps、44.1KhzのAACですが、音質は悪くないと思います。
AACだとこれくらいのビットレートならバファリングも速いので、音質に拘らなければ。そこそこの音質で聞くことができます。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

You Ain't So Such A Much by Dr. John with The Donald Harrison Band
I Want To Do Something for You by Mance Lipscomb
I'm coming home by Lightnin'Hopkins
No Special Rider by Chuck Leavell
You Don't Love Me by Ike & Tina Turner
What Happened to the Girl I Met Here by Candye Kane
I don't know by 24pesos
Don't Cry Baby by Etta James
07 My Home Is A Highway by Kim Simmonds
Short Skirts by Bobby Garrett And Roy Lee's Combo
Leanin' Load by Shawn Pittman
She's a Mean Woman by B.B. King
Rain Down Tears by Maria Muldaur

10月18日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、今まで聞いたことのないインターネットラジオステーションを探そうと思い、Xiiliveの「ミュージック」中のPOPのジャンルで探しました。
そして見つけた、私が好きそうなタイプの、でもいかにも妻は余り好きでなさそうなタイプの曲が聞けそうな「RockPopRadio」を選びました。

ところが、予想に反して今までのステーションでは余りストリーミングされていなかったタイプの曲も多く、意外にも妻も楽しめたようです。
特にColdplayが「こんなバンドだったんだ」と気に入った様子。
何となく曲のタイプもジャンルも脈絡がなく、これはこれで予想できない流れが楽しかった。
Doorsはもう定番ですね、70年代60年代モノのステーションでは短い時間聴いていても、必ずと言っていいくらいよく登場します。

ストリーミングは、128Kbps、44.1KhzのMP3ですが、音質はいいと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

One Of Us by Joan Osborne
All Along The Watchtower by Jimi Hendrickx
Supersoaker by Kings Of Leon
Never Tear Us Apart by INXS
Weep Themselves To Sleep by Jack White
Midnight by Coldplay
When The Music Is Over by Doors
Aquarius by Within Temptation

10月17日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、私が大好きな、でも妻はそれほど好きでもない、70年代のポップス系が聞きたくて、「Awesome 70s」を聴いていました。
このインターネットラジオステーションは以前にも聴いたことがあったのですが、私の思っていたのとはちょっと違って、ピンク・フロイドやレッド・ツェッペリンなどの曲もストリーミングされ、妻もそれなりに楽しめたようです。

しかし、JacksonsやJackson5やElectric Light Orchestraは70年代もののステーションではよく登場する気がします。。

ストリーミングは、128Kbps、44.1KhzのMP3ですが、音質は割といい方だと思います。

そういえば、10月16日にストリーミングされていた、Ray Harris And Fusion Experience(Scaramungaという曲でした。)のRay Harris‏@rayharrismusic さんから、

@shehirah thanks for listening ! Hope you enjoy :) #rayharris #music

というメッs-ジを頂きました。
いやいや、ちゃんとチェックされてるんですね。
あらためてYoutubeで聞きながら書いていますが、ファンキーで中々いい曲です。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

Jacksons - Mama's Pearl by Jackson 5
Four Sticks by Led Zeppelin
Evil Woman by Electric Light Orchestra
I Will Survive by Gloria Gaynor
Jet by Wings
Coz I Luv You by Slade
Rivers Of Babylon by Boney M
I Wish by Stevie Wonder
Hey You by Pink Floyd
TargetSpot by Targetspot

10月16日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、クラシカルソウルではない、R&B、ソウルが聞きたくて、「Soulful Bits」を聴いていました。
このインターネットラジオステーションは以前からよく聞くのですが、このジャンルに疎い私には、どういったジャンル、系統の曲がかかっているのか見当もつきません

Etta James、Curtis Mayfield、Otis Redding、Joe Simonなどよく知っているミュージシャンもみかけますが、全体的には他では余りストリーミングされていないようなタイプの曲もよくかかる、お気に入りのインターネットラジオステーションのひとつです。

ストリーミングは、128Kbps、44.1KhzのMP3ですが、音質は割といい方だと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

I Like What You're Doing To Me by Young & Company
Tell Mama by Etta James
Power To The People by Curtis Mayfield
Hard To Handle by Otis Redding
Joey by Little Beaver
Spaceland by Tony Hestor
Chicago Falcon by Budos Band
Drowning In The Sea Of Love by Joe Simon
I Got The Blues by Labi Siffre
Our Lives Are Shaped By What We Live by Odyssey
Scaramunga by Ray Harris And Fusion Experience

10月15日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、R&B、ソウルが聞きたくて、いくつかのステーションを試しました。
私が聞きたかったのは、今現在でいうR&B、ソウルではなくて、60年代、70年代の曲で、今で言うならクラシカルソウルとでも言うのでしょうか。
私の中では、ソウル、R&Bといえばこれなんですけど。
で、何とか見つけたステーション「Jazz Soul by Jazz Radio」を聴いていました。
ストリーミングは、128Kbps、44.1KhzのMP3なので、音質は平均的なもの。

残念なのは、「Jazz Soul by Jazz Radio」では、曲名、アーティスト名が「不明」と表示される点です。
時々、こういった仕様のインターネットラジオステーションもありますが、ひと手間かけて頂ければと思います。

結局、妻のスマホにインストールしている、Sound Houndというアプリに曲を聞かせて表示されたデータをホワイトボードにメモしつつ聞きました。
このアプリは本当に重宝します。
最後の方になって、Sound Houndからツイッターに検索結果をつぶやけることに気付き、私のツイッターアカウントを登録ました。
なるほど、こういう方法があったか。

ちみに、いつもははツイッターからコピペしたデータを、awkというプログラミング言語で書いた、ごく簡単なスクリプトで処理して曲目リストを作成しています。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。
この時代の曲はどれも短いのでたくさん聞くことができます。

Pusherman by Curtis Mayfield
Soul Finger by Bar Kays
When Love Takes Over by David Guetta
Fantasy by Earth、Wind & Fire
Never Can Say Goodbye by The Jackson 5
I Can't Help Myself by The Four Tops
Where Did Our Love Go by The Supremes
Give Me The Night by George Benson
Soul Man by Sam & Dave
Tell It Like It Is by Aaron Neville
Sunny by Bobby Hebb
I Don't Want to Be Right by Luther Ingram
What Becomes Of The Broken Hearted by Jimmy Ruffin
Nothing From Nothing by Billy Preston

10月14日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、「ANTENNE BAYERN Classic Rock」を聴いていました。

昨夜ストリーミングされていた曲も全てライブ音源なので、恐らくネットラジオ「ANTENNE BAYERN」のClassic Rockはライブ音源専門なのでしょう。

ただ、手持ちの音源が少ないのか、曲は違っても同じミュージシャンがよく登場する気がします。
昨夜ストリーミングされていた中では、ローリング・ストーンズの音源はどのアルバムか分かりませんが、録音状態もそこそこだったけど、演奏自体も結構ラフで妻も「ヘタやなぁ」と言ってました。
そんなに上手いバンドではないのは事実でしょうが、バランスのの悪い録音状態は、オフィシャル音源だとしたらちょっと気の毒な感じ。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。
AC/DC、Joe Cocker、Aerosmithなどは登場頻度が高い気がします。
ライブ音源自体も多いのでしょうか。

Behind blue eyes (live) by The Who
Highway to hell (live) by AC/DC
I can't stand the rain (live) by Tina Turner
Bad moon rising (live) by John Fogerty
Cryin' (live) by Aerosmith
Sailing (live) by Rod Stewart
Hey Jude (live) by Paul McCartney
Somebody to love (live) by Queen
Gimme all your lovin' (live) by ZZ Top
When the night comes (live) by Joe Cocker
It's Only Rock and Roll (Live) by Rolling Stones
Wind of change (live) by Scorpions

10月13日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、「ANTENNE BAYERN Classic Rock」を聴いていました。
サイトはこちら
ドイツのステーションですね。
ストリーミングのスペックは、64Kbps、AAC、44.1Khzということですが、音質的、音量的にも特に違和感はありませんでした。
若干レンジが狭い感じか?

流れてくる曲は、有名ミュージシャンの曲でクラシックというくらいなので、60年代~70年代の音源が中心の模様。
そして、昨夜ストリーミングされていた曲は全てライブ音源でした。
常時ライブ音源だけなのかは、もう少し聴いてみないと分かりませんが、ロック系でライブ音源を中心にストリーミングしているインターネットラジオというのは初めてお目にかかりました。
今夜再確認してみたいと思います。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリーミングされていました。

Sunshine of your love (live) by Cream
Urgent (live) by Foreigner
Summer in the city (live) by Joe Cocker
Message in a bottle (live) by Police
I don't want to miss a thing (live) by Aerosmith
A whiter shade of pale (live) by Procol Harum

10月12日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMは、「1.FM - CLASSIC ROCK REPLAY RADIO」を聴いていました。
ストリーミングは、128Kbps、44.1KHzと一般的なスペックですが、音質的には低音、高音とも詰まった感じはなく、音量も問題なし。
いい音だと思います。

流れてくる曲は、もう王道なロック。
年代的にも、ジャンル的にもプログレ、ハードロック、メタル、サザンロックとバラエティに富んでいるために飽きることはありません。

Radio Paradiseのように馴染みのないジャンルや曲がかかるのも楽しいのですが、妻と2人共よく知っている曲が続くのは、やっぱり楽しく聞けます。
元来メタラーの妻は食事中にもかかわらず、かなりノリノリでした。
人のことは言えず、傍から見るとかなり行儀の悪い食事風景だったと思われます。(^^;

ちなみに、以下の様な曲がストリーミングされていました。

Calling Dr. Love by Kiss
You Really Got Me by Van Halen
Water's Edge by Seven Mary Three
There's Only One Way To Rock by Sammy Hagar
King Nothing by Metallica
Pour Some Sugar On Me by Def Leppard
Silent Lucidity by Queensryche
We're Not Gonna Take It by Twisted Sister
Wish You Were Here by Pink Floyd
Hey Joe by Jimi Hendrix
Jealous Again by Black Crowes
Highway to Hell by AC/DC
Saturday Night Special by Lynyrd Skynyrd
Jeremy by Pearl Jam
Working Man by Rush

10月11日のインターネットラジオ

昨夜は、一昨日見つけたジャズ専門のステーション、Inside Jazz - Contemporaryを聴いていました。

どうやら、ここは本当にライブ演奏だけをストリームしているみたいです。
食事の時は、ビールとワインをのんでいますが、軽く酔った気分で聞くと、ちょうどいい具合の気持ち良い音です。

昨夜は以下の様な曲がストリームされていました。


Every Time I See You by Rayford Griffin
Lush Life by Roberta Gambarini
Song 8 by Don Randi & Quest
The Best is Yet to Come by Tom Scott
Mack the Knife by Big Time Operator
Song 11 by Yosvany Terry Cabrera

10月10日のインターネットラジオ

昨夜は、9日に見つけたジャズ専門のステーション、Inside Jazz - Contemporaryを聴いてみました。
ボーカルものやビッグバンド風なもの、ちょっとウェザーリポート風のバンドなど、色んなタイプのジャズを聴くことができ、(音源がCDなのかオリジナルのライブ音源かは分かりませんが)総てライブというのが中々いい雰囲気です。

スタジオ盤のきちんとした演奏、録音もいいのですが、やっぱりライブ独特の雰囲気がいい感じです。
今まで色々なインターネットラジオのステーションを聞いてきましたが、総てライブ音源というのは初めてかも?

まだ聴き始めたばかりなので、日によってはスタジオ演奏が流れている場合があるかもしれません。
しばらく聴いてみたら、またご紹介したいと思います。

昨夜は以下の様な曲がストリームされていました。

You'd Be So Nice to Come Home To by Andy Bey
I Can't Give You Anything but Love by Ellis Hall
There is No Greater Love by Daniel Glass Quartet
I Thought About You by Big Time Operator
Song 3 by Peter Sprague
Swinging All Day by Jonathan Stout Orchestra
My Childhood Nightmare by Marco Mendoza

10月9日のインターネットラジオ

昨夜は、またジャズ専門のインターネットラジオステーションを探しました。
あちこち聞きまわった結果、Inside Jazz - Contemporaryというところに行き着きました。
ステーション名のとおり、ジャズではありますが、モダンジャズというわけではないものが中心にかかるようです。
ストリームされているデータは、128Kbps、44.1KHzという標準的なものですが、音質は良い方だと思います。

スマホ(Xperia Z SO-02E)から、プリメインアンプに接続して聞いていますが、低音から高音まで詰まった感じはなく過不足のない感じ。
ジャズはしばらくここを聴いてみることにします。

あちこち探しまわったので、どの曲がどのステーションでストリームされていたのかわからなくなってしまいましたが、こんな感じで聴いていました。

Equinox by Dave Liebman
Song 4 by Don Randi & Quest
Donna Lee by Art Pepper
Piece of my heart by Erma Franklin
Munkaroo by Alice Russell

10月8日のインターネットラジオ

昨夜はジャズという気分ではなかったので、Atlantic Sound Factoryというステーションをストリームしていました。
ここは、再生リストを見ても分かるのですが、あまり傾向というのがないので、聞き飽きません。
また、メジャーどころが多いので、聴いていて少なくとも誰かは分かる、というのも食事のBGMとしても問題なく聞けます。

Xiiliveで表示される音源のデータは、MP3、128Kbpsということで、ごく標準的なビットレートです。
同じスペックのデータをストリームしていても、音量が小さめだったり、音質もステーションによって様々ですが、Atlantic Sound Factoryは音質・音量もよく、聴き疲れすることがありません。
DJもステーション名を紹介するだけで、CMのたぐいは一切ないのも好印象です。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲がストリームされていました。

Soul to Squeeze by Red Hot Chili Peppers
Get Off My Cloud by The Rolling Stones
Babylon Is Falling by Slightly Stoopid
Stupid Girl by Garbage
No Limit by Alvin Lee
Happy Now by Take That
Way Down by The Feelies
From Now On by Supertramp

10月7日のインターネットラジオ

一気に涼しいというか肌寒い感じになってきました。
こういう季節になると、何となくジャズを聞きたくなります。
以前は、インターネットラジオにJazz Grooveという、中々いいステーションがありました。
ジャズといっても、いわゆるモダンジャズではなく、最近のミュージシャンが演奏するジャズがメインなのと、128Kbpsにもかかわらず音質が非常に良かったのでよく聴いていました。
残念ながら、今は検索しても見つからないので閉鎖したのでしょう。
インターネットラジオではよくあることです。

それなら新しいジャズの流れるステーションを探そうとしたのですが、中々お気に入りのものが見つからず、昨夜はあちこち迷走していました。
履歴に残った中では、56Kbpsのmp3ですが、CALMRAIDIO.COMのPiano Jazzが面白そうですので、今夜再チャレンジしてみます。

- 失念 -
Spanish Key:The Complete Bitches Brew Sessions by Miles Davis

- Jazz Radio Classical Jazz -
Bye Bye Blackbird by Miles Davis
Anything Can Happen Here by Patti Austin
Why by Clare Teal

- Radio Carice Vocal Jazz
Feelings by Singers Unlimited
A Nightingale Sang In Berkeley Square by The Manhattan Transfer
Tain't What You Do by Julie London

10月6日のインターネットラジオ

昨夜の夕食BGMには、インターネットラジオRadio Paradiseを聴いていました。
サイトはこちら
過去から現在までのプレイリストを見ることもできます。

Radio Paradiseはeloctoric rockとして分類されているようですが、聴いてみると全くそんなことはなく、昨夜流れていた曲の一部は以下のとおりで、いつもながら傾向のない選曲。

コマーシャルフリーと紹介しているように、CMは全く入りません。
DJは、こぢんまりとしたリビングのソファーに座っているような、落ち着いた独特の語り口で、曲を紹介します。
この雰囲気が気に入っているのと、色んなジャンルの曲を聴くことができる、お気にい入りのステーションです。

ちなみに、昨夜は以下の様な曲が流れていました。

Ahoulaguine Akaline by Bombino
I've Got Dreams to Remember by Otis Redding
Heart Of My Own by Basia Bulat
How We Operate by Gomez
Rain by Eivør
Lawyers, Guns And Money by Warren Zevon
The Very Thing That Makes You Rich by Ry Cooder

10月5日のインターネットラジオ

我が家では、夕食時はインターネットラジオをBGM代わりにしています。
殆どのステーションでは、曲名の紹介がないので、70年代系の曲がかかるステーションを選択して曲目、アーティスト当てが結構盛り上がります。

で、昨夜はプログレ系の「RadioIO」というところを主に聞いていたのですが、ざっと以下の様な曲がかかっていました。

・Lemmings by Van Der Graaf Generator
・Medieval Overture by Return To Forever
・School by Supertramp
・Raconteur Troubadour by Gentle Giant
・Kentucky Woman by Deep Purple
・Planet Queen by T.Rex
・Lightning Never Strikes Twice by The Move
・Meeting Of The Spirits by Mahavishnu Orchestra
・Day Of The Eagle by Robin Trower

ロビン・トロワーやT.Rexがプログレと言うのもなんですが、この頃のディープ・パープルはR&Bテイストのオルガン・ロックで私は好きです。
でも、ガチガチのプログレばっかりがかかるより、プログレメインで、ちょっと口直しにいろいろな曲が流れる方が、BGMにはちょうどよいので、「RadioIO」はお気に入りです。

XiiaLiveの使い方

XiiaLiveを起動すると、タイル上にメニューが並んでいますが、最初はミュージックをタップするのがおすすめの使い方です。

XiiaLiveを起動したらメニューからミュージックをタップするのがオススメ

ミュージックをタップすると、ジャンルごとのディレクトリが表示されますから、好みのジャンルを選択しましょう。

XiiaLiveのメニューでミュージックをタップしたら次はジャンルをタップ

ジャルを選択すると、更に細かなジャンルが表示されます。

その中から、お好きなジャンルを選択肢てタップすれば、ネットラジオのステーション一覧が表示されます。

XiiaLiveのメニューでミュージック→ジャンルとタップするとインターネットラジオのステーションが表示されます

表示される内容は、ステーション名とジャンルですが、このジャンルはかなり大雑把なステーションもあります。
また、ステーションによっては現在ストリーミング中の曲名やアーティスト名が表示される便利な機能もあります。

聞きたいステーションをタップすると、すぐに接続が開始され接続が終わるとデータの転送が開始します。
最初は、バッファにデータを蓄積するために曲が始まるまでに若干時間がかかります。これは、通信状態やサーバーの状態によって転送が途切れた場合に生じる音切れを防ぐためのものです。

曲の再生が始まると、曲名やアーティスト名、MP3やAACなどのデータ形式、ビットレートが表示されます。
同じステーションで複数のビットレートでストリーミングをしている場合もあるので、sの時の通信状態などによってステーションを選択する目安になります。

128Kbpsのmp3でしたら、オーディオアンプに接続して再生する場合でもそれほど音質が悪いとは感じませんが、64Kbpsだとレンジも狭くなるし、情報量も不足した感じになります。
また、ステーションによっては、タイトルの部分が「不明」と表示されることもあります。

ジャンル別メニューから選択する他に、検索のメニューから特定のアーティストや曲名で検索することもできます。
検索結果は、現在ストリーミング中の曲目が表示されるのが中々便利です。

インターネットラジオの始め方

はじめに。
私が使用しているのは、ソニーモバイルコミュニケーションズのスマホ、Xperia Z(SO-02E)ですので、OSがアンドロイドのスマホが前提です。
ちなみに、Androidのバージョンは。4.4.2です。

インターネットラジオを聴くためのアプリは色いろあるのですが、いくつか試した結果、使い勝手などで、XiiaLiveというアプリを使っています。
インターネットラジオを聞くためのアプリ、XiiaLiveにはフリー版と有料版のプロというのがあるのですが、フリー版で十分実用に耐えます。

プロ版では、プリバッファのサイズなど細かく設定できるのですが、設定項目が多くなればそれだけ悩みも増えますし、手数もかかります。
通常の通信環境であれば、デフォルトの設定で問題なく利用できると思います。

そいういうわけで、まずはGoogle PlayでXiiaLiveをダウンロードしましょう。

More...

Home

Search
Feeds

Page Top